【書評】キングコング西野亮廣/革命のファンファーレを読んだ感想

最近話題のキングコング西野さんの革命のファンファーレを読んでみました。絵本をメガヒットさせるための緻密な戦略が描かれた非常に貴重な本になっています。これからの時代を生きる僕たちに必要な情報が満載です。

スポンサーリンク
adsense

お笑い芸人?いいえ。ただの奇才です。

僕はあまり西野さんのイメージがなくて最近テレビに出てこない全国区のお笑い芸人くらいの印象しかありませんでした。でもこの本を知って読んでみると衝撃でした。すごい人です!

革命のファンファーレは大きく3つの話がある

話の構成は大きく3つの話になっています。

  • お金の正体は信用。そして信用の高め方
  • 絵本「えんとう街のプペル」を32万部を売った戦略
  • 本作「革命のファンファーレ」販売戦略

特に絵本の販売する戦略に驚きの連続です。緻密に練られているしそれでいて常識に囚われていません。余談だけどブックカバーを外すと凝った絵が出てきます。きっとこれもTwitterとかInstagramで拡散されるための戦略の一環なんだと思います。

自己啓発本の実践から成功するまでの実録

「お金は信用を数値化したもの」であったり自己啓発本で他の人も言っている内容もいくつかあります。ではこの本の価値は何か?答えは非常に明確です。

この本の価値は全て西野さんが実際に実行してきて成功に至る過程が記されていること

に尽きます。多くの自己啓発本は考え方や行動論は書かれているけど具体的な事例まで落とし込んで詳細に書かれていることはないです。その点行動を詳細に描かれている革命のファンファーレには大きな価値を感じます。

インターネットで実力が丸裸になる時代の戦略がうまい

西野さんはインターネットの活用の仕方も抜群にうまい。例えば見出しのページはこんな感じでインパクトのあるメッセージが写真をとって共有しやすい形式で書かれているんです。

これはInstagramでシェアされることを狙ってやっています。ホリエモンの本でそうなっているものがあってすぐに取り入れたらしいです。

こうやってブログで情報を共有されるとネタバレで悪い感情を抱く作者もいるだろうけど西野さんは全く逆。拡散してくれ!という戦略を明確にとっている。だからこの画像をコピペしてどこかで使っても全然問題ないですよ笑

そしてこの画像にある通り、お金を稼ぐのではなくて「信用を稼ぐ」ことで結果的にお金が付いてくるというのが考え方の根底にあります。インターネットの透明性から今後信用の高い人が賞賛されて真の実力主義に近づいていくのでしょう。

信用を得るためにはどんな戦略をとるべきか?

今後世の中では信頼が人気に変わっていく例としてベッキーとゲスの極み乙女が挙げられていたのがホットで興味深いです。

騒動後に活動ができたゲスの極み乙女。その大きな要因はファンからの人気が根強かったから。つまり「人気タレント」であると言える。一方のベッキーは好感度が高いと言われていたはずなのに全く活動ができなかった。その大きな理由は人気があるのではなく、テレビというマスメディアによって作られた認知があるだけ。つまり「認知タレント」だったから。

「人気タレント」と「認知タレント」は似て非なるもの。ファンをお金を払って来る人と定義すると。「人気タレント」にはファンが付いていて、「認知タレント」にはファンがいない。

こんな感じで色々な角度から信用を得るとはどういうことかが書かれています。西野さんはそもそも好感度が低い芸人と言われています。でもなぜこれだけ成功したかというと信用があったからに他ならないのです。

これを自分に置き換えて考えた時、信用を得るためにはどのような戦略をとるべきなのだろうかと考えさせられます。あなたならどうやって信用を得ますか?

革命のファンファーレから得ることができるものとは?

読めばあなたも何かしら心に残ります。そして何より大切なのは何かしらのアクションに落とし込むことができるかに尽きます。

心に残るフレーズが多い

本を読んでいて「将来絶対役に立つからこのフレーズは是非覚えておこう」というものが多かったです。

  • 意思決定の舵は「脳」ではなく「環境」が握っている
  • ネタバレを恐れるな。人は「確認作業」でしか動かない
  • 「おみやげ」は生活必需品だったのだ
  • 努力量が足りていない努力は努力ではない。誤った努力もまた努力ではない。

本を読んでも行動や記憶に残るものがなければ意味がないと思うのです。その点革命のファンファーレは心に刺さってくる感じが強いです。何より何かしら行動をしたくなるという点で非常に得るものがあります。

当ブログ「大人の趣味」の信用を高める戦略

革命のファンファーレを読み何かしらのアウトプットをしないと勿体ないと感じる。僕の場合当ブログ「大人の趣味」の信用と高める方法を簡単に考えてみました。

  • 信用されるために今後も絶対に嘘をつかない
  • デジカメ買ったし上手く写真が撮れるまでの全過程と写真を無料で公開
  • 勢いで作ってしまったはてなブログのサイトも公開
  • 何かしらインターネットでの行動は全て「ピヨ太」に紐づける

狙いとしてはこんな結果につなげたいと考えています。

  • 情報をアウトプットしている「ピヨ太」に信用を集めたい
  • 僕自身の信用を得ることができれば今後の行動にも注目してもらえる
  • 例えば今後やってみたいペンタブ買ってアイコン描いたりLINEスタンプ作ってみたり

僕の例は良い例なのかはわからないけど今までと異なるアクションを起こそう!という気持ちになってこんなこと考えましたよという紹介でした。

情報を世の中に発信していているあなたにオススメ

世の中に情報を発信している全ての人は「信用」を積み重ねるということが今まで以上に大切になる時代がやってくるのでしょう。そんな時代に備えてどうやって「信用」を得ることができるのか?ということを考えるよいきっかけになります。

是非あなたも「革命のファンファーレ」で何か行動を起こすきっかけにしてみてください。きっとワクワクした気持ちになれますよ!

ではまたっ