生活が捗る!Amazonで買ったオススメアイテムはコチラ

【危険】登山・ハイキングで使ってはいけない!ユニクロのアイテム3選

「突如ハイキングや登山に行くことになったからユニクロで服を揃えよう」そんなあなたはちょっと待ってください!ユニクロはコストパフォーマンス抜群だけど、登山に使えそうで使えないアイテムがあるので是非覚えておいてください。

上高地の猿

登山・ハイキングで使わない方が良いユニクロのアイテム3選

うっかり使いがちだけど登山には向かないアイテム ワースト3を紹介していきます。

汗が乾きにくい「綿のインナー」

あなたは汗を吸って湿ったシャツを着ていると逆にだんだん寒くなってきたという経験をしたことはありませんか?

この現象のことを「汗冷え」と呼びます。「汗冷え」は体の体温を急速に奪うため注意が必要です。

特に山に登っていると段々体が熱くなってきて汗をかいてきます。その一方で高度が上がれば上がるほど気温は下がるため休憩した瞬間、一気に体が冷える危険があります。

雨が降りそうな山の天気

そうした汗による体温の低下を防ぐためにインナーには汗を早く吸収して発散させる能力が求められます。

その点、綿のインナーは汗をよく吸収してくれはするのですが、乾きが悪く「汗冷え」しやすい特性があります。

登山・ハイキング時のインナーは綿ではなく化学繊維かウールが基本と覚えておいてください。

ユニクロのスーピマコットンTシャツネイビー

暑い時に暑く、寒い時に寒い「ヒートテック」

暖かいインナーの代表格としてヒートテックは有名ですよね?でもヒートテックは最悪の選択肢なので理由を紹介していきます。

まずヒートテックも汗の乾きが悪く「汗冷え」しやすいインナーです。

これだけで綿のインナーと同様に避けるべきなのですが、ヒートテックにはさらに避けるべき理由があります。

ヒートテックには体からでる水蒸気を使って発熱する性質があります。

汗をかくほど熱に変えるため暑い時はさらに暖かくなります。一方寒い時には発熱効果が弱くなり暖かくないのです。

ヒートテックは特にスポーツには不向きなので登山・ハイキングで使うのは避けましょう。

ユニクロのヒートテック

厚すぎるし、暑すぎる「フリース」

一見良さげなユニクロのフリース。これも登山ではオススメできません。なぜならあまりに厚すぎるし、暑すぎるのです。

登山時は暑くもなく寒くもない状態を作ることが大切です。

でもユニクロのフリースは体を動かさなくても暖かいため、動いて体が温まってきたら汗をかくくらい暑くなってきます。

また厚みもあるため汗をかいて脱いだ時にかさばるので、持ち運びにも不向きという弱点があります。

ユニクロのシルキーフリースジャケット

ユニクロの登山に適さないアイテムはいかがでしたか?

使えそうだと思っていたアイテムもあったのではないでしょうか。残念ながら実際使ってみると登山に向いていないんだなと痛感する可能性が高いです。

ここからは代わりにどんなウェアを選べば良いのか見ていきましょう。

 

代わりに何を選べばいいのか?選ぶべきアイテム紹介

ユニクロで揃わないならアウトドアウェアの専門ブランドで揃える必要があります。

必要な機能を安く手にいれたいと考えるのであれば間違いなくモンベルがコスパ最強のアウトドアブランドなので、モンベルから代替アイテムを紹介します。

インナーは「ジオライン」が最強

綿やヒートテックの弱点だった「汗冷え」

それがモンベルのインナー「ジオライン」では全然おきません。そのため綿やヒートテックなどのインナーの代わりとして最適です。

仕組みとしては単純です。こんな流れで汗を効率的に発散してくれます。

  • 汗をかくとすぐに生地が吸い上げる
  • 吸い上げた汗をジワリと生地に広げる
  • そして汗を発散

スポーツシーンにも耐えられる機能性の高さです。フットサルで汗だくになっても問題ありません。

冬はモンベルのジオラインが最高!ユニクロのヒートテックは不十分?
ユニクロをこよなく愛している僕でもヒートテックに関してはあまりオススメできません。その代わりにモンベルのジオラインが最高すぎるので比較しならがオススメポイントを説明しようと思います。

 フリースは薄手の「シャミース」が使いやすい

ユニクロのフリースは厚手すぎて暑くなりすぎるので登山では適しません。

まずは薄手のフリースを手にいれるとどの季節でも使いやすいのでオススメです。これだと保温性が高すぎないので少し寒くなる可能性があるなら薄手のフリースがあるといいですね。

モンベルの「シャミース」というフリースが薄手で使い勝手抜群です。

モンベルは薄手のフリースだけではなく、これだけ多くのフリースの種類を持っています。用途に合わせて選ぶことができます。

  • 薄手のシャミース
  • やや薄手のクリマプラス100
  • 中厚手のクリマプラス200
  • 軽くて温かいクリマエア
  • 天然素材を編み込んだクリマウール

こちらの記事ではもう少し細かくモンベルのフリースを紹介しています。

モンベルのフリースは軽くて高機能!ユニクロと比較してどう違う?
フリースは暖かくて寒い季節には手放せないですよね。今回はアウトドアブランドのモンベルユニクロのフリースを比較してみます。それぞれいいところがあるので用途に合わせて選んでくださいね!

まとめ:ユニクロで不十分ならモンベルで補うのが吉

使わない方がいいユニクロのアイテムはいかがでしたか?

知らないとつい使ってしまいそうなアイテムばかりですよね。

でもなんとなく使えそうだけど、実際に使うと後悔すること間違いなしです。僕もこうしたアイテムを使って「汗冷え」を何回も経験しました。

でもそうした痛い目をみたおかげで、今は抑えるべき箇所は専門ブランドのモンベルでウェアを揃えるようにしています。

モンベルはアウトドアブランド界のユニクロと言われることもあるくらいコストパフォーマンスに優れたブランドです。

比較的手を出しやすい価格帯なので、是非手にとってその差を体感してくださいね!

ではまたっ