生活が捗る!Amazonで買ったオススメアイテムはコチラ

モンベルのフリースは軽くて高機能!ユニクロと比較してどう違う?

フリースは暖かくて寒い季節には手放せないですよね。今回はアウトドアブランドのモンベルとユニクロのフリースを比較してみます。それぞれいいところがあるので用途に合わせて選んでくださいね!

フリースってこんな素材

知っている人も多いと思いますが、フリースの素材についてサクッと解説します。

軽くて暖かい

特徴は軽いのに暖かいのがフリース最大の特徴です。

なぜ暖かいのか知る上で一番のポイントはモコモコした見た目。この起毛した繊維の間に空気が蓄えられます。そしてその空気の層が外気をシャットアウトするから衣類の中にしっかり熱を蓄えられるという仕組みです。

風を通す素材

フリースは保温力はあるけど風を通す素材なので、風を通さないアウターとセットで使うとその真価を発揮します。アウターで風をはじき返して、アウターの中ではフリースが暖かい空気をしっかり溜め込む。そんな使い方がフリースの効果を最大限発揮できるのです。

カジュアル感が強い

そんな暖をとるために生まれてきた素材フリースですが、機能性を重視した素材のため見た目はどうしてもカジュアル感が強くなります。街着としてオシャレに着こなすにはハードルが高いため、部屋着として使うか、アウターではなくインナーとして使うことをオススメします。

 

ユニクロのフリースはコスパが高すぎる

さてまずはみんなの味方ユニクロのフリースから見ていきましょう。

ユニクロのフリースは暖かい

まずユニクロのフリースは全て暖かいです。高い保温機能があるため暖かい冬を過ごしたいと考えている人にはまず一着買って間違いないアイテムです。

カラーバリエーションが多い

ユニクロのメリットはカラーバリエーション。自分のお気に入りカラーを選べます。例えば我が家で愛用中のシルキーフリースジャケットだけでもなんと7色展開です。

使い回しやすいのは落ち着いた色ですが、部屋着やちょっとしたアウトドアで使うことを考えるならもっとカラフルな色や柄を選べるのも楽しくていいですね!

圧倒的なコストパフォーマンス

ユニクロのフリースのほとんどはたったの1,990円(税別)です。色やプリントの種類が豊富で店舗にあるほとんどのフリースがこの価格で買えてしまいます。

  • フリースフルジップジャケット
  • プリントフリースフルジップジャケット
  • シルキーフリースジャケット

これだけでも色・柄のバリエーションが豊富すぎてどれにするか悩むこと間違いなしです。個人的にはシルキーフリースジャケットの触り心地が好きなので迷ったらシルキーフリースで一緒にモコモコしましょう!

一部ブロックテックシルキーフリースパーカなど機能性を高めたアイテムに関してはちょっと高くなりますが、それでもユニクロのコスパに関しては驚愕の一言です。

ユニクロのフリースは部屋着やアウター用途に優れている

ユニクロのフリースは部屋着に最適です。

  • 保温力の高さ
  • 少しゆったりとしたサイズ感
  • ルームウェア、ブランケット、スリッパ、ネックウォーマーなどもラインナップ

僕はルームウェア、ブランケット、スリッパ、ネックウォーマーなど関連グッズも愛用していますが部屋で使うものに関してはとにかく暖かくて便利です。フリースジャケット、ルームウェア、ブランケット、スリッパ全部使っています。ユニクロに侵食されていますね笑

一方ネックウォーマーなどアクティブなシーンで使うアイテムに関してはあまり良くないです。

なぜなら運動時は汗をかくことが多く、その状況ではユニクロのフリースネックウォーマーは暑すぎます。汗の乾きも早くはないので逆に汗冷えしてしまいます。昔は自転車に乗るとき使っていましたが、今はアディダスなどスポーツブランドのものを着用しています。

なのでユニクロのフリースは部屋着または汗をかかない外出時などでの利用がオススメです。

 

モンベルのフリースはこんな点で優れている

さて、それではアウトドアブランド モンベルのフリースについて説明していきたいと思います。果たしてユニクロとどんな差があるのでしょうか?

選べるフリース素材

モンベルの大きな特徴としてフリース素材の種類が多く、用途ごとに選ぶことができます。例えば夏の登山で使うフリースと冬の登山で使うフリースが同じ保温力では困りますよね。

夏ちょっと体温調整したいのに暖かすぎるフリースだと汗だくだし、冬しっかり保温したいのに薄いフリースだと凍えてしょうがないです。そのためアウトドアブランドではシーンに合わせて使える様にフリースだけでもこれだけ沢山の素材をラインナップをしています。

  • 薄手のシャミース
  • やや薄手のクリマプラス100
  • 中厚手のクリマプラス200
  • 軽くて温かいクリマエア
  • 天然素材を編み込んだクリマウール

参考までにユニクロのフリースはクリマプラス100とクリマプラス200の間くらいでクリマプラス200寄りの暖かさです。

今回画像で紹介するのはクリマエア ベスト

今回紹介するのはクリマエアのベストです。クリマエアはモンベルのフリースの中でも保温力が高く、しかも軽量なのが特徴です。用途としては寒い季節向けのアイテムになります。

ベストはアウターの中に着込んだ時でも体を動かしやすいです。アウトドアでも使えて日常でも気軽に使えるのがメリットですね。

見た目はシンプルです。モンベルのロゴと、一部素材が異なるのがちょっとしたアクセントになっています。

軽くてコンパクトに収納できる

モンベルのフリースの大きなメリットは軽くてコンパクトに収納できる点です。アウトドアシーンを考えると簡単に脱いだり着たり体温調整できる必要があります。だから軽くて持ち運びがしやすいことはとても重要です。

ただアウトドアに限らず日常でも軽いのは便利で、ちょっとしたときパッと羽織れるから重宝しています。

細身でアウターの中に着込みやすい

アウトドアではフリースは中に着込むウェアです。熱を極力逃さない様、体に密着させるため細身の作りになっています。脇部分は伸縮性の高い素材が使われており体にフィットします。

そして伸縮性の高い素材を使うことで、細身だけど動きやすいというのもモンベルのフリースならではの特徴です。

汗をかいても蒸れにくい

汗をかいて放出できずにいると汗冷えしてどんどん寒くなってきます。そうならないために蒸れを放出しやすい素材を使っています。これはアウトドアブランドならではの強みですね。

ポケットもメッシュ素材で通気性を重視しています。

保温力ももちろん高い

暖かいのはもちろんです。ただユニクロのフリースと比べて暖かいかと言われるとそうでもないです。正直ちょっと暖かいくらいです。ただ軽さを考慮して同じ重さで暖かさを比較するとモンベルが圧倒的に優位になります。

他にも細かい作りが全然違います。例えばこの一枚の画像。

首に接する場所はあえて素材を変えることで首をより快適にしたり、ジッパーを一番上まで上げてもアゴに当たらない様に返しがついていたり細かい作り込みはさすがの一言ですね。

黒は街着にも使いやすい

黒に関しては画像の通り単色のため合わせやすく街着でも使えちゃいます。ただ別の色に関しては色の切り替えが目立ったり、カラフルでコーディネートが難しいものが多いです。

なので何にでも合わせやすい黒が圧倒的にオススメです。いつものコーディネートに羽織るだけで思った以上に馴染みますよ!

ペアルックも可愛い

メンズとレディースで同じデザインのウェアがあります。あえてお揃いで購入してちょっとしたペアルックにするのもアリです。

モンベルロゴの色が違うのがちょっとしたアクセント。青がメンズで、赤がレディースです。

アウトドアブランドの中では安い方

最後に価格について触れておきます。今回紹介したモンベルのクリマエア ベストは6,900円(税別)です。袖のあるクリマエア ジャケットだと8,600円(税別)です。クリマエアはモンベルの中では高価な方で、素材によって価格も変わってきます。

  • シャミーズ ジャケット     4,800円(税別)
  • クリマプラス 100 ジャケット 5,600円(税別)
  • クリマプラス 200 ジャケット 7,500円(税別)
  • クリマエア ジャケット     8,600円(税別)

ユニクロを見た後だと高く感じますが、これはアウトドアブランドの中ではかなり安い価格設定です。ユニクロが安すぎるだけです笑

アウトドア用途なら迷うことなくモンベルにすべき

価格の価値があるかと聞かれたらイエス!と即答できます。というよりアウトドア用途で使うのであれば必須であると感じます。ユニクロのフリースは体の動かしやすさや、重ね着しやすさで課題が残ります。

アクティブな用途で使うなら是非モンベルのフリースを試してみてください!

同じフリースという素材でも日常着に強いユニクロと、アウトドアに強いモンベルではこんなに特徴が違います。特徴を把握した上であなたの用途に合わせて選んでくださいね。寒い季節でもフリースでぬくぬく温まりましょう!

ではまたっ