シチズンのエコ・ドライブ ワンをレビュー!衝撃の時計を評価します

シチズンのエコ・ドライブ ワンは2016年のバーゼルワールド発表時から気になっていたものの今回初めて実物を見て衝撃を受けました。こんなオンリーワンの圧倒的技術の時計欲しくなるに決まっている!

スポンサーリンク
adsense

エコ・ドライブ ワン(Eco-Drive One)とは?

エコ・ドライブ(Eco-Drive)とはシチズンの光発電できる技術のことです。いわゆるソーラー腕時計のことです。今回登場したエコ・ドライブ ワンは今までのエコ・ドライブと似て非なるものなのです。

薄さ2.98mmの衝撃

まず画像を見ていただきたいです。これはエコ・ドライブ ワンを正面から見たところです。とてもシンプルなデザインでオンオフ問わず使えるのがいいですね。文字盤のうっすらと見える柄が着けている人にはわかるアクセントになっています。

でもこれだと一見普通の時計に見えますよね。でも横から見るとその圧倒的な技術力を感じることができます。

とにかく薄い!!まるで500円玉を腕に乗せているかのような感覚になります。この中にムーブメントが詰まっていてソーラー時計になっていると考えると恐ろしいです。

エコ・ドライブ ワンはシチズンの技術の結晶

こんな素晴らしき腕時計を作り上げるには相当の技術力が必要でしょう。シチズンのすごさを少しだけ紹介しますね。

エコ・ドライブ ワンを作るシチズンの技術力

  • 1.00mmのムーブメント
  • 150ミクロンのサファイアガラスを利用
  • 超硬度のケース素材を利用
  • ほぼ全てのパーツを新規製造
  • 最後は熟練の職人によって組み立て

150ミクロンって0.15mmです。そもそもサファイアガラスってそんなに薄く出来るの?というところから意味がわからないですよね笑

とにかく桁違いの技術が詰め込まれてるということだけは腕に着けて直感する時計です。欲しい…

エコ・ドライブ ワン(Eco-Drive One)を着けたらもう戻れない

エコ・ドライブ ワン。こんなに装着感が軽い時計は他にありません。

一度着けたら他の時計が重りに感じるレベル

ステンレスなのに78gという軽さは腕に乗せたら驚きしかないです。2017年9月6日に発売された革のモデルは35g。ちょっと異次元すぎます。

問題はこの時計が軽すぎてあまりに快適な点です。一度着けたらずっと着け続けること間違いなしです。この快適さは他では味わえません!

最高のドレスウォッチになる

最高のドレスウォッチになる素地があります。この白文字盤ならそのままでも問題ないですがよりフォーマルさを意識するなら黒革ベルトに替えると良いですね。この世で最も薄く軽いドレスウォッチの出来上がりです。

フォーマルシーンに求めらる時計

  • 薄い
  • 二針
  • ラウンド型
  • 白文字盤
  • 黒革バンド

実用性も高く所有欲も強く満たしてくれる間違いのない一品

薄さがこれほどに強烈な個性になる時計は他にはありません。一見普通なんだけど時計に目を向けると衝撃そのものです。時計好きな人からするとこれほどインパクトのある時計もそうないでしょう。

絶対買ったら満足できるオススメの時計です!

エコ・ドライブ ワン(Eco-Drive One)気になる2つのポイント

さて少し気になった点も2点紹介します。

残念ながら値上げしました

今回紹介した2つの時計は仲良く2017年9月に値上がりしました。

300,000円(税別)→350,000円(税別)

価格改定のお知らせには「誠に勝手ながらメーカー希望小売価格を下記の通り改定させていただきます。」の一言で大した理由が書かれていないのにちょっと笑いました。

シチズンからすると「ちょっと安くしすぎちゃったから値上げするね(テへ」みたいな感じなのでしょうか?個人的にはこれほど強烈な個性のある時計なら世界でも戦えるので安くしすぎることはないと思っています。

でも一方で消費者目線だと50,000円の値上げは地味に痛いのでちょっと残念!

二次電池の持ちがわからない

僕がこのエコ・ドライブ ワンに対して一番気になる点です。電池ではないですがこの光充電するユニットは一生動き続けるわけではなく性能の劣化に伴い交換する必要が出てくるのです。

エコ・ドライブ ワンはまだ発売されて2年と経たない新製品です。これほど薄いムーブメントは他にはなくどの程度で二次電池の寿命がくるのかが不透明です。おそらく5年以上は持つと思いますがそのタイミングでオーバーホールに出して幾らになるのか気になります。

ということで実際に購入するタイミングではランニングコストも気になりますよね。現状では決して安くはないということは覚悟しておく必要があります。

僕がエコ・ドライブ ワン(Eco-Drive One)よりも気に入った時計

「え?散々エコ・ドライブ ワン紹介していたのに別の時計紹介するの?」とか思いますよね。でも安心してください。エコ・ドライブ ワンではないけど限りなく同種の時計です。

エコ・ドライブ ワンの技術×EXCEED

エクシード40周年を記念して発売されたモデルの時計を紹介します。この時計はエコ・ドライブ ワンよりも少し厚みがあるけど素材をチタンで仕上げてより軽い時計になっています。

  • 厚み:4.5mm
  • 重量:53g
  • 素材:スーパーチタニウム
  • 直径:36.5mm

僕は文字盤はこちらの方が好みです。あとケースの径が36.5mmと僕の腕にはピッタリのサイズ感でした。僕の中で最近欲しい時計ランキングのトップ争いに食い込んできたくらい欲しくなる時計です。

エコ・ドライブ ワンより厚みがあるけどそれでも相当薄い

最後に薄さがわかる画像を載せておきます。確かにエコ・ドライブ ワンと比べると多少厚みはあるけど他の時計と比べると圧倒的な薄さです。

  • 一番左が最後に紹介したEXEED
  • 真ん中がEco-Drive One
  • 右は比較用のサブマリーナー

どうでしたか?シチズンのエコ・ドライブ ワン。僕は欲しい時計は多いのですが時計で驚くというのはあまりないのです。でもこの時計には本当驚かされました!

それだけ時計業界にとってイノベーションを起こしている時計だと言えるとも思います。お金に余裕ができたら絶対欲しい。是非試着してみてくださいね!

ではまたっ