生活が捗る!Amazonで買ったオススメアイテムはコチラ

【ユニクロ】シームレスダウンコートをレビュー。オシャレで防寒も完璧?!

オシャレに防寒できるユニクロのシームレスダウンコートが最高すぎます。一着買っておけば「冬のコートはこれだけで良い」そう言わしめる魅力があります。知れば絶対着たくなるその良さを紹介していきます。

【ダウンの到達点】シームレスダウンコートに手を出したら最後

本当にいいところばかりなのでその良さをどんどんと紹介していきたいと思います。

シームレスの優位性は明らか

シームレスは生地と生地を圧着することで、ステッチを無くし「縫い目がない」のが特徴です。

たったそれだけのことでこれだけメリットのあるダウンになりました。

  • 穴がないからダウンが抜け出さない
  • 穴がないから暖かい空気が外に漏れない
  • 穴がないから撥水・防風効果も高い

これらの機能性に加えてダウン特有のモコモコ感が薄れるのもシームレスのメリットです。

羽織ればすぐわかる防寒性能の高さ

ロングコートなので上半身だけではなくて膝まで暖かいのが特徴です。

着丈が短いとダウンでもお腹付近が寒くなるけど、これだけ着丈が長いとそんな心配もありません。しっかり暖かい。

袖も二重になっていて冷気が入らないよう工夫されています。

ポケットの中はフリース素材を使っていて、ポケットに手を入れた時から暖かいです。

帽子の顔部分を狭めることで本当に寒いときさらに防寒力アップして対応することができます。

さらに耐久撥水加工された生地により水を弾くから、ダウンだけど雨に強いのも嬉しいポイントです。

どんな天候変化にも対応できる万能さは大きな魅力です。

そして肝心なダウンの性能についてもバッチリです。

こちらの記事でシームレスダウンパーカについてレビューしましたが、氷点下の環境下においても暖かかったので性能的に真冬でも安心して使えるレベルです。

ユニクロのシームレスダウンパーカ感想。氷点下の冬でも戦えた!
「寒い冬を暖かくオシャレに乗り切りたい!」そんなあなたにユニクロのシームレスダウンパーカがオススメです。機能性の高さと見た目の良さを兼ねそろえているから一度着ると手放せなくなりますよ。

こんなことまで?シームレスダウンコートの”ニクい”仕様

シンプルな見た目だけど細かい部分で使いやすい工夫が色々と施されているのでそちらも紹介してきます。

まず内ポケットが地味に便利です。こちらは右側の内ポケットです。2つポケットがあって収納力抜群。

こちらは左側の内ポケット。ジッパーで閉じれることに加えてイヤホンコードを通せるようになっているのでスマホを収納するのに最適なポケットです。

フードを絞るためのコードを調整しやすい仕様になっているのも便利です。

生地の中にボタンが仕込まれていてそれを押しながらコードの長さを調整できるようになっています。

そして!フードを取り外せる2WAY仕様がとにかく便利です。

フードは防寒性や雨よけとして優秀です。フードを取り外すとそのメリットを消すことになるけど、見た目の大人っぽさが増して更にオシャレな着こなしを実現できます。

基本はフードなしで使って、天候が悪いときはフードをつけて利用するのがオススメの使い方です。

ハイレベルな見た目で洗練された印象を与える

機能面で素晴らしいシームレスダウンコートだけど、見た目もハイレベルです。

シンプルだけど本当に考えられているダウンで洗練された印象すら感じます。

  • ダウンだけど細身でシルエットが膨らまない
  • 無駄な装飾がなくオンオフ万能に使える
  • 絶妙な膝上丈で全身のバランスをよく見せる

一度腕を通してみればよくわかると思います。

これだけでコーディネートが完成する楽さにハマること間違いなし

ここまで見て着た通りシームレスダウンコートは防寒性や機能性は申し分ないレベルで備えています。

それに加えてデザインがシンプルで大人っぽさを備えていて羽織るだけでサマになる点もご紹介しました。

まさに「大人が着るべきダウンコート」といった雰囲気で一度着ればその素晴らしさにハマること間違いなしですよ!

 

シームレス唯一最大のデメリット「ポリウレタン樹脂の劣化」

ここまでいいところばかり紹介してきましたが、シームレスダウン唯一最大のデメリットがあるので是非覚えておいてください。

ポリウレタン樹脂で圧着するシームレスの弱点

シームレス加工はポリウレタン樹脂で圧着することで生地をピッタリくっつける技術です。

ただこのポリウレタン樹脂が厄介で経年劣化で剥離してしまうのです。

原因は加水分解といって空気中の水分などと反応して分解されていく性質にあります。

残念ながら加水分解を避けることはできず、製造された時から劣化が始まっているのです。

実際ユニクロ公式の注意点として3年で劣化することが書かれています。

シームレス加工が剥がれると大惨事

シームレス加工が剥がれると何が問題でしょうか?

剥離することで上下のダウンがくっついてしまい、ダウンがどんどん下の方に落ちていきます。

そうすると見た目がミシュランマンからベイマックスみたいになってしまうんです。

最終的には保温能力が激減してしまいダウンとしては使い物にならなくなります。

間違いなく最新のモデルを選ぶべき

そんなデメリットが潜んでいるので、去年のモデルが安く売っていても手を出してはいけません。絶対に今年のモデルを購入すべきです。

ユニクロは同じモデルでも毎年マイナーバージョンアップを繰り返すメーカーなので最新モデルが最高の機能や見た目となる傾向が強いです。

そんなことを合わせて考えても最新モデル一択であることは覚えておいてください。

 

コレだけ気をつければいつでも合格点のコーディネート

最後にコーディネートの注意点と結局”買い”なのかどうか紹介します。

靴に気をつけるだけで合格点のコーディネートに

シームレスダウンコートを着た時の注意点として靴が目立つ点があげられます。

前を閉じるとボトムスと靴しか見えません。そのため靴の印象がコーディネート全体の印象を大きく変えることになります。

カジュアル感の強いものよりも革靴ライクな見た目のものや、レザーを使った大人っぽいスニーカーを選ぶと全体の印象として綺麗にまとまります。

手袋を使うときはシンプルでボリュームのないものを

あと意外と見落としがちだけど手袋は寒くなるほど使う頻度が高くなる上に目立つので油断できないアイテムです。

手は靴同様かなり人目に付きやすい箇所のため、手袋のデザイン性が強かったり、ボリュームがあると一気に全体のコーディネートがダサくなります。

手袋はシンプルでボリュームのないグローブと合わせると綺麗に馴染みます。

以前紹介したモンベルの手袋はどんな服装にも合わせやすく一緒に検討したい一品です。

モンベル『トレールアクション グローブ』はオンオフ使える超万能手袋
オンオフ使える手袋探しって難しいですよね?温かい手袋はボリュームがすごかったり、オシャレなやつは寒かったり。今回はそんな悩みとおさらばできるモンベル「トレールアクション グローブ」を紹介していきます。

以上です!靴と手袋に気をつければそれだけで合格点のコーディネートが完成するなんて楽そのものです。

【まとめ】欠点をはあるけど暖かくオシャレができるメリットを考えれば圧倒的に”買い”

3年で加水分解が始まるリスクがあるものの、いきなり全て剥がれて使い物にならなくなるわけではないので、実際は4年以上使えるでしょう。

4年って小学生が高校生になるくらいの期間もあります。この価格なら間違いなく元は取れるアイテムです。

そんなことを考えるとメリットだらけのシームレスダウンコートは圧倒的に”買い”と言えます。

暖かい上に手抜きでオシャレができるなんて最高すぎます。

これから冬用アウターを探す人にはかなり強力な候補になると思うので是非検討してみてくださいね。

ではまたっ