【ネタバレ無し】映画テルマエ・ロマエで日本の温泉に感激しよう!

日本人だからこそ最大限楽しめる映画テルマエ・ロマエ。まったり笑えて阿部寛の魅力を存分に味わえるこの映画は安心して誰にでもオススメできます。改めて日本の温泉の魅力に気がつくことができますよ!

テルマエ・ロマエの阿部寛

(出展:映画.com

スポンサーリンク
adsense

テルマエ・ロマエとは?

テルマエは公衆浴場、ロマエはローマのという意味です。つまりテルマエ・ロマエでローマの公衆浴場という意味です。元々は漫画で人気が出て映画化された作品になります。

舞台は古代ローマ

ローマの公衆浴場が騒がしく安らげる場所ではなくなっていることに嫌気がさしていたルシウス(阿部寛)という浴場の設計技師が主人公。世の中の流れについていけない真面目な性格のルシウスはもっと人々が落ち着いて休まる浴場を作るべきだと考えていました。

現代の日本のお風呂技術がローマの浴場に

ルシウスがひょんなことから現代の日本にタイムスリップします。古代ローマで問題を抱えていたことが現代の日本に来たら高いレベルでそれが実現できていることに衝撃を受けます。そしてそれをなんとかローマの浴場で実現できないかと模索するのでした。

絶対笑えるストーリーと構成の完成度

全体的にゆるいです。そしてそれがイイんです!史実がどうなのかはよくわからないけど細かい部分には突っ込まずにゆる〜く笑いながら観るのがオススメです。

阿部寛のクオリティが高すぎる

どう見てもローマ人。少なくとも日本人には見えないです笑

日本人のことを「平たい顔族」と呼びローマの奴隷と勘違いするシーンの納得感がすごい。だって阿部さんめちゃめちゃ濃いですからね。演技力も凄まじく喋ってないのに顔だけで考えていることがひしひしと伝わってくるんです。ここまで作品にハマっている人は中々いないよなとビックリです!

ストーリーの展開が秀逸

平たい顔族は奴隷のくせに!なんでこんなに発展しているんだ。パクったる!!

そんな感じです笑 奴隷だと勘違いしている「平たい顔族」の技術力に衝撃を受けるシーンが多々あります。日本人だと馴染み深い温泉文化も昔の人からするととてつもない技術。古代ローマ人の阿部寛からすると何がどうなっているのかはわからないけどアイデアはしっかりパクろうとする真面目さに笑いが止まりません。

海外の反応シリーズと似た楽しさがある

海外の反応シリーズってわかりますか?日本でこんなことがあり、それに対する海外の人のリアクションをまとめたものです。海外の人からは日本がこんな風に見えるんだなという独特の楽しさがあります。知らない人はGoogleで「海外の反応」と気になる文字を合わせて検索するとイメージがわくと思います。

テルマエ・ロマエは海外の反応シリーズと似た楽しさがあります。

  • 「古代の人は日本の風呂を見てこういう反応をするのか!」
  • 「技術の差をこんな方法で埋めちゃうのか!」
  • 「奴隷の平たい顔族に負けて悲しいのか(ニヤニヤ」

と想像する楽しさがあるから阿部寛が日本に来た時のワクワク感が凄まじいです!次はどんな日本に驚くんだろうとワクワクですね。そして技術の差は奴隷の人たちが気合で埋めさせられているのも笑えます。

映像が美しく観ていてワクワクする

映像が美してくて古代ローマはこんなに繁栄していたのかなと想像するだけでワクワクします。ちょっとした歴史の勉強にもなります。古代ローマが紀元前にこれだけ文明が発達していたという事自体も改めて衝撃的です。2000年前とかですからね。すごい!

あっという間の二時間。全編で笑える秀逸な構成は万人にオススメ

テルマエ・ロマエは間違いのない作品です。1人で見ても、カップルで見ても、家族で見ても楽しめるから是非一度見てほしいです。日本の温泉ってかなり完成された文化だなと気がついてもっと温泉が好きになること間違いなしです。

かなりゆるい気分で観ることができるから休日リラックスした時に観るのに向いています。その後スーパー銭湯に行けば映画を思い出しニヤニヤして二度美味しい!最高の休日にできそうです。温泉好きのあなたは是非やってみてくださいね!

ではまたっ