【ROLEX バーゼルワールド2018 まとめ】最注目はGMTマスターⅡ

2018年のバーゼルワールドが始まりROLEXの新作が登場しました。今年はムーブメントが刷新されたり、驚きのGMTマスターⅡが登場して非常に盛り上がっています。かなり魅力的な時計たちなので早速紹介してきますね!

(出展:ロレックス

スポンサーリンク
adsense

【ROLEX】バーゼルワールド2018 まとめ

今年のROLEXは気合が入っていますよ!まずはどんな発表があったのか紹介していきます。

新ムーブメント CALIBRE 3285

新型ムーブメントが登場しました。一番のポイントは新型になることによってパワーリザーブが70時間にまで延びたこと。

今まではパワーリザーブが48時間だったので、ほとんど1日も長くなっています。

約3日間ゼンマイを巻かなくても動き続けるのはかなり魅力的。土日全く使わなくても止まらないのでアクティブな旅行で家に置いていく時でも月曜日しっかり動いているので安心です。

ムーブメントを覆うケースも刷新

ムーブメントを新しくしたことによって、ケースも刷新されています。画像からだとそこまで大きな変化は見て取れません。

ただ細かい変化でも大きな印象の違いを生むことがあるので、実物を見るのが楽しみです。

GMTマスターⅡが最注目

何と言っても1番の注目は間違いなくGMTマスターⅡです。

(出展:ロレックス

まさかの青赤のペプシカラー。実はこの時計ROLEX好きからすると「え?これ出しても良いの?」と驚いてしまうような時計なんです。

なぜ驚きなのか?というのは後ほど解説します。

高価な時計が充実

手が届かない価格なので現実感はないですが、ゴールドのモデルがとても充実しています。

実際購入できなくても見ているだけでワクワクする時計たちです。見てくださいこのカラフルな石。これ全部サファイアなんです。

(出展:ロレックス

そんなバリエーションに富んだ発表が勢ぞろい。まさに当たり年と言える今回のROLEXバーゼルワールド2018。ここからはお楽しみの時計にフォーカスして見ていきましょう。

GMTマスターⅡ青赤ベゼル ステンレススチール

早速ですが最も注目のGMTマスターⅡから見ていきます。

GMTマスターⅡはこんな時計

GMT機能とは、セカンドタイムゾーンを設定できる機能です。

通常の長針と短針で現在の時刻を表しています。それに加えて赤い針が一本あるのがわかりますか?

これで日本だけではなく、海外の国の時刻を同時に知ることができるという機能です。仕事で海外に行く場合や海外旅行で活躍します。

(出展:ロレックス

青赤ベゼル(通称ペプシ)は上位モデルの色だった

ロレックスは色展開が非常に上手くて、この配色は高級モデルとわかるようにしていることが多々あります。

このペプシモデルは以前、ステンレススチールで手の届く時計でした。しかし一度販売が終了(製造期間は1955年から2007年くらい)しました。

その後、2014年ホワイトゴールドのモデルとして復活。しかしお値段300万円オーバーで手の届かない存在に。

復活を望んでいた人からすると手が届かない時計になってしまい、残念がっていた人はとても多いです。その代わり購入した人からするとその分ステータスを感じるモデルとして君臨していたのです。

ロレックスはこうした戦略が巧みで、みんなが欲しがるであろうデザインを高級なラインで展開してプレミアム感を演出。

青赤ベゼル(通称ペプシ)GMTマスターⅡはその対象となり多くの人は諦めたという経緯がありました。

ステンレススチールモデル発売の衝撃

そんな背景があり、ペプシのGMTマスターⅡはもう手の届かない存在になってしまったと思っていたのにまさかのサプライズ復活!

(出展:ロレックス

素材がステンレススチールになることで価格が三分の一に(税込 約100万円)なったのでギリギリ一般人でも手の届く範囲に。

特にスポーツモデルとしては珍しいジュビリーブレスレットを搭載したことにより、今までのスポーツモデルとも一線を画す見た目になりました。

好みが別れるデザインだけど、強烈な個性があるので所有する楽しみが抜群にあることは間違いありません。

新型ムーブメントはメリットしかない

新型ムーブメントで性能が底上げされているのも嬉しいところ。

パワーリザーブが48時間から70時間まで延びたことで今までより1日も長く動き続けます。

特にデイト表示のあるモデルは一度ズレると調整が面倒なので嬉しいアップデートですね。

(出展:ロレックス

確実に入手困難になるモデル

そんな背景もありペプシカラーのGMTマスターⅡは確実に人気のでるモデルです。

一般人が正規店でお目にかかるのはいつになるんでしょう。きっとよほど通わないと見る機会は全くないです。

(出展:ロレックス

並行輸入プレミアム価格で120万円以上は準備しないと手に入らないモデルになると踏んでいます。

気になる人は正規店で見つけたら即買いレベルですよ!

ムーブメント分よくなったDEEPSEA

次はDEEPSEAを見ていきましょう。GMTマスターⅡに次いで気になる人が多いであろう注目モデルです。

これから買うなら新型一択のDEEPSEA

最大の変更点はムーブメントです。逆に言えばムーブメント以外でそこまで大きな変更点はありません。

そのため旧型ならではのメリットが特にないため、これから買うなら新型DEEPSEA一択になります。

(出展:ロレックス

ロレックスが旧モデルに被せる驚き

D-ブルーダイアルが演出する深い青から黒に移り変わるグラデーションはまさに深海。このオリジナリティ溢れる文字盤はDEAPSEAならでは。

今まではこういった独特なデザインはあの型番だけという制約を付けることが多かったんです。でも今回はこのダイアルも旧型から踏襲しているので完全に被っています。これはロレックスでは珍しいです。

それだけ新型ムーブメントの出来が良いから、新型を売っていきたいという裏返しかもしれませんね。

DEAPSEAもまた良い時計です。お目にかかれるのはいつになることやら。

(出展:ロレックス

手の届かないゴールドの時計もご紹介

手は届かないけどいい時計が多いのでゴールドの時計も紹介していきます。

【GMTマスターⅡ】ローズゴールドで上品さを

さんざん紹介したGMTマスターⅡですが素材違いが発表されています。カジュアルな印象の青赤ベゼルとは対照的に、ブラックとブラウンで大人な雰囲気を演出してくれます。

素材違いで二種類展開

  • ローズゴールド
  • ロレゾール(ローズゴールドとステンレススチール)

個人的には圧倒的にロレゾールのGMTマスターⅡがお洒落で好きですね。今回のバーゼルワールドの中で1、2を争うデザインだと思います。

争う相手は次に紹介するデイトジャストです。こちらもロレゾールがとにかく美しいモデルです。

【デイトジャスト】気品漂うドレスウォッチ

デイトジャストといえばロレックス大定番のドレスモデル。

特にこのモデルはロレゾール(ゴールドとスチールのコンビネーション)が絶妙です。本当に品のある美しい時計に仕上がっています。

ローマンインデックスとフーテッドベゼル(ギザギザのベゼル)のバランスがよく、いい意味で主張してくれそうです。

(出展:ロレックス

レディースのデイトジャストはさらに美しいです。ホワイトゴールドとダイヤの組み合わせで最高の輝きを放ちます。

この時計を女性にプレゼントをできるようになったらどんな気分になるんでしょう。自分の時計購入以上に達成感がありそうです。素敵時計です!

(出展:ロレックス

【デイトナ】レインボーになった時計の王様

最後は時計の王様デイトナです。

ド派手な、ベゼルとインデックスがレインボーのデイトナが登場しました。ローズゴールド、ダイヤモンド、サファイア。一般人の感性からかけ離れた贅を尽くした時計です。

(出展:ロレックス

デザインも気になってしょうがないけど、どんな人が購入するのかが気になってしょうがないです。漠然としたイメージで石油王なのでは?と考えるのは僕だけではないハズ。

(出展:ロレックス

2018年のバーゼルワールド ROLEXの時計はどうでしたか?

ムーブメントが一新されたことによって性能が底上げされたのは非常に大きなポイントです。今後ロレックスが新作を発表する時は間違いなく新ムーブメントが搭載されてきます。

人気のスポーツモデルにも少しずつモデルチェンジの流れがきて、エクスプローラーやサブマリーナーのモデルチェンジもあるのでしょう。そしたら凄まじい人気になるんでしょうね!

2018年の新作が発表されたばかりなのに、そんな妄想するのが楽しくてしょうがないです。是非あなたもバーゼルワールドを楽しんでくださいね!

ではまたっ