【2021年版】Amazonと楽天で『買わないと損する』THE 神アイテムを公開

パタゴニアとモンベルを徹底比較!あなたはどちらを選ぶべき?

みんな大好きアウトドアブランドの大定番パタゴニアとモンベル。この記事では両ブランドを徹底比較します!

「それぞれのブランドの何が優れているのか?」「どんな人にオススメのブランドか?」といった点を紹介しますので、是非お買い物の参考にしてください。

パタゴニア(patagonia)はどんなブランド?

まずはアメリカ発祥のパタゴニアから見ていきます。

パタゴニア(patagonia)とは?

名前の由来は南米アルゼンチン・パタゴニア地方から。当時の遠くにある理想郷のように、幻想的な風景イメージする名称でそれがピッタリだったためその名が付けられました。

最大の特徴は何と言っても環境保護活動への取り組みが先進的なブランドです。

パタゴニアは売上金の1%(もしくは利益の10%のどちらか高い方)を世界中の環境保護団体に寄付しています。

それだけではなく、パタゴニアは今では当たり前となっているレイヤリングの概念を提案したり、登山ウェアとして当時画期的だったフリースを生み出したりと先進的な面をもつブランドです。

パタゴニア(patagonia)の特徴1「環境保護活動に本気」

環境保護活動への取り組みについて詳細に見ていきます。

パタゴニアの取り組みに「Worn Wear(新品よりもずっといい)」というものがあります。

一つのアイテムを長く使うことが環境負荷が最も小さいため、修理をすることで買ったアイテムを長く使おうというメッセージです。

普通の企業だと売上欲しさに買い替えたり買い足して欲しいところでしょうが、パタゴニアは違います。

「私たちは、故郷である地球を救うためにビジネスを営む」という理念を掲げ、それを愚直に実施しているのです。

(理念だけ見るととてもアウトドアウェアを手掛ける企業には見えませんね笑)

パタゴニア(patagonia)の特徴2「従業員にも優しい会社」

従業員満足度が高い企業はおのずと顧客満足度も高くなると言われておりますが、その点パタゴニアは最高クラスの企業です。

会社のルールでとにかく羨ましのが「勤務時間であってもいい波がきたらサーフィンに行っても良い」というもの。

はじめて聞くと「え?そんな企業あっていいの?!」驚きませんか?

日本では仕事第一といった企業がほぼ全てだと思いますが、仕事以外にも大切なことがある(しかも遊び!)とうたっているパタゴニアの自由さに憧れる人も多いのではないでしょうか。

 

モンベル(mont-bell)はどんなブランド?

ここからは日本の誇るモンベルについて紹介していきます。

モンベル(mont-bell)とは?

モンベルはアウトドアウェアからテントまで幅広くアイテムを展開している総合アウトドアブランドです。

海外ブランドに見られることもありますが実は純日本のメーカーになります。

ちなみにモンベルはフランス語で「美しい山」の意味。カッコいいですね!

一部ではアウトドア界のユニクロとも呼ばれ、高品質だけど手を出しやすい価格でアウトドアの頼もしい仲間です。

モンベル(mont-bell)の特徴1「圧倒的なコストパフォーマンス」

そもそもアウトドアウェアって普通の服と比べて高いです。素材や機能性が全く異なるためその対価ですね。

中でもブランドによっても価格が違います。例えば街でよく見かける海外ブランドは基本的に高価です。

その点モンベルなら同等の機能なのに値段が半分くらいで済んでしまったりと圧倒的なコストパフォーマンスを誇ります。

モンベル(mont-bell)の特徴2「幅広い商品ラインナップ」

衣料品以外にもアウトドア関連のアイテムが多数揃っており、やりたいアクティビティに関するアイテムを探すとまずなんでも揃っています。

登山時のモンベル「チャチャパック」とベンチ

ランニング、登山、自転車、カヤック、キャンプなどなど挙げだすときりがないです。

ここでお伝えしたいことはあなたが何か趣味を始めるときの強い味方になってくれるということ。

思い立ったらまずモンベルに行こう!と言えるような存在です。

 

【徹底比較】パタゴニア(patagonia)VS モンベル(mont-bell)

同じジャンルのアイテムで比較したときにどうなの?という点で徹底比較していきます。

【モンベル優位】コストパフォーマンス

モンベルの圧倒的な強みはそのコストパフォーマンスの高さ。

高いコストパフォーマンスの理由は、製品を最初から自社開発を行っているためです。デザインや素材の開発も行い、中間マージンを発生させない運営をしています。

それに加えて高品質なアイテムを展開しているため多くの人から信頼が厚いです。こうした背景からアウトドア界のユニクロと言われることもあります。

一方、パタゴニアはお高い!

リサイクル素材を多用していたりフェアトレードなど環境に配慮した取り組みはとても良いと思います。

が、同程度の機能のウェアで比較したときモンベルの倍以上になることも多く、人によってはとても手を出せない価格だと感じることもあります。

【パタゴニア優位】ファッション性

パタゴニアはシンプルで使い勝手の良いアイテム展開が多いです。

自然環境に負担のかかる製品は作らないポリシーのため、トレンドに左右されない飽きないデザインになっています。

特にアウトドアから街着までカバーできるものが多く、一着買えば長く愛用することができます。

モンベルでも街着で使えるアイテムはありますし、本ブログでもそうしたアイテムを多数紹介してきました。

ただアイテム展開数が多いこともありどカジュアルで街着では着づらいものの方が多いも事実。

そのためファッション観点だとパタゴニアの方が簡単にキマり、モンベルの方はより選ぶ能力が必要になるのです。

【モンベル優位】日本人にとってのサイズ感

サイズが合っていると着用したときの丈のバランスが良かったり、体を動かしやすいといったメリットを得ることができます。

その点、モンベルは日本ブランドということでサイズは普段の自分のサイズを選べばほぼ間違いありません。

一方のパタゴニアはアメリカブランドということもあり欧米体型向けとなっています。

そのためサイズ的には日本のブランドからワンサイズダウンが必要です。

またワンサイズダウンしても身幅が狭かったり、着丈が長いこともあるので日本人体型」だとサイズ選びに難航することがあります。

僕の場合はモンベルだとほぼSサイズですが、パタゴニアだとXSかSのいずれかを毎回試着して悩みつつ購入しています。

モンベルのイグニスダウンパーカ シャツコーディネート

【パタゴニア優位】ブランド力

パタゴニアはブランド力が高いです。環境保護活動への取り組みなどでブランドに共感しているファンが多いことが挙げられます。

価格帯が高いこともブランド力を高めている要因の一つだと思いますが、何よりもファンになりたいと思える魅力がパタゴニアのブランド力の源泉です。

一方、モンベルのブランド力はそれほど高くありません。

大きな理由はコストパフォーマンスの良さ。手を出しやすい価格の反面、幅広く着ている人が多いです。

誰もが着ているブランドのためブランド力としてはどうしてもそれほど高くない印象になります。

【引き分け】アフターサービスはどちらも超優秀

アフターサービスの良さでパタゴニアは超有名。発祥とも言えるブランドです。

色々なアイテムをたくさん買うのではなく、長く使えることを大切にしています。

そのためアイテムが傷んだ時も修理に出せるものが多く、愛着を持って使い続けることが可能です。

一方のモンベルについてもアフターサービスが充実しています。

パタゴニア程アフターサービスの良さを推している印象はないですが、パーツや布を長期で保有しているため実は修理対応の幅が広い。

優劣つけにくいほどどちらも優秀です。

どちらをも長く使えるので安心して購入することができます。

 

【まとめ】あなたは パタゴニア/モンベル こっちがオススメ!

ここまでパタゴニアとモンベルの特徴をそれぞれ見てきました。

ではどんな人にとってそれぞれのブランドが向いているのか最後に紹介したいと思います。

こんなあなたはパタゴニア(patagonia)がオススメ

パタゴニアはブランドのストーリーがしっかりしているし、ブランド力もあるので幅広い用途でオススメできます。

ただ高価なため場面としては少し特別なタイミングで使うのが向いているともいえます。

  • 一張羅的なオンオフ使えるアウトドアウェアが欲しい
  • ブランドの環境保護の取り組みに共感ができる
  • 格好良い街着としても使えるウェアが欲しい
  • 恋人へのプレゼントを探している

こんなあなたはモンベル(mont-bell)がオススメ

モンベルはなんといっても高品質のアイテムが手ごろな価格で手に入ることが大きな特徴です。

これから高機能なウェアを揃えたい人や、家族へのプレゼントにも最適です。

  • これから登山やキャンプなどのアウトドアを始めたいと思っている
  • 同等の機能のウェアをより安く手に入れたい
  • アウトドアを趣味にしたくてこれから色々とアイテムを揃えたい
  • 家族へのプレゼントを探している

【結論】パタゴニアもモンベルどちらも優良ブランド

ここまでパタゴニアとモンベルについて様々な角度から比較してきました。

1つ言えるのはどちらか一方優れているのではなくどちらも間違いなく優良ブランドであると言うことです。

欲しいアイテムごとにラインナップを比べるのもとても楽しいものです。

もちろん選ぶのはあなた次第なので、あなたの用途にあわせて最適なアイテムを選んでくださいね!

ではまたっ