生活が捗る!Amazonで買ったオススメアイテムはコチラ

時計の貸出サービスKASHITOKE(カシトケ)登場。どれだけ儲かる?

自分が使っていないブランド腕時計を貸し出して、KARITOKEのレンタル商品として貸し出しされた時にキャッシュバックが発生する新サービスKASHITOKEが登場しました。時計を預けるだけでどれだけ儲かるのか紹介していきます。

KASHITOKE(カシトケ)ってどんなサービス?

時計レンタルサービスのKARITOKE(カリトケ)から発表された新サービスです。

自分の時計を預けてKARITOKE(カリトケ)のサービスを通じてレンタルされるとキャッシュバックが発生する仕組みです。

時計を借りるだけではなく、貸す側に回れるというユニークなサービスになります。

KARITOKE(カリトケ)についてはこちらの記事で詳細に紹介しているので合わせて読んでみて下さい。

KARITOKE(カリトケ)で高級時計を借りられるけどお得なのか?
2017年高級時計をレンタルできる面白いサービス「KARITOKE(カリトケ)」が登場しました。使ってみる価値を感じる便利さはあるけど「お得なのか」という観点からこのサービスを分析します。

【メリット1】メンテナンス費用を負担してもらえる

もし腕時計にメンテナンスが必要になった場合、KASHITOKE(カシトケ)側で費用負担してくれます。

メンテナンスの費用や手間がなくなるので、渡すだけで良いとても楽なサービスです。

特に機械式時計の高額なオーバーホールが不要になるのは大きなメリットを感じます。

【メリット2】安心・安全に貸し出しできる仕組み

間にKASHITOKE(カシトケ)が仲介してくれるので、個人で発送をしたり受け取る手間が発生しません。

何より個人情報を借り手側に知らせることなく、貸し借りができるので安心して利用できます。

【メリット3】キャッシュバックで儲かる

レンタル商品として貸し出しされた時にキャッシュバックが発生します。

このために時計を貸し出しているので、当たり前だけど重要なメリットですね。

【デメリット】サービス開始時点では有楽町の店頭でのみ受付

圧倒的に残念な点も紹介しておきます。

サービス開始時点では有楽町の店頭のみでしか預けることはできません。

今後はWebでの手続きで預けられるようになるそうですが、現時点ではそうなっていません。

遠方の方はWebサービスが拡充されるまでしばらくの我慢ですね。

 

KASHITOKE(カシトケ)でどのくらい儲かるのか?

ここからはKASHITOKE(カシトケ)を利用するとどの程度儲かるのか、手持ちの時計で考察していきたいと思います。

プランによって変わるキャッシュバックの金額

KASHITOKE(カシトケ)はプランによってキャッシュバックされる金額が変わります。

もちろん高価な時計ほど上位のプランに位置しキャッシュバックされる金額は多くなります。

  • casual      1,000円/月
  • standard  1,500円/月
  • premium  2,500円/月
  • executive 5,000円/月

タグホイヤー カレラなら毎月16,000円お得

タグホイヤー カレラだとstandard 1,500円/月となります。

タグホイヤーのカレラ斜めから

レンタルサービスのKARITOKE(カリトケ)を見ると、タグホイヤーの時計は9割ほどの貸し出しがあります。

ただ季節による需要の変動や、貸し借りの間隔で時間がかかることを考慮して、1年の6割程度の期間でキャッシュバックが発生すると仮定します。

12ヶ月×0.6=7.2ヶ月

1年のうち7ヶ月キャッシュバックすると考えます。

1,500円×7ヶ月=10,500円/年

そうすると年間10,000円くらいの収入になります。

また、機械式時計なので5年に1度はオーバーホールが必要です。ここでは30,000円かかると考えます。

30,000円÷5=6,000円/年

すると、年間6,000円程度のメンテナンス費用軽減につながります。

合わせて考えると、年間で16,000円程度プラスになる計算となります。

ロレックス サブマリーナなら毎月55,000円お得

ロレックス サブマリーナはexecutive 5,000円/月と最上位のランクに位置します。

現時点ではexecutiveプランのロレックスは全てレンタル対象となっていることを考えると、年間8割ほどの期間でキャッシュバックが発生することが見込めると思います。

12ヶ月×0.8=9.6ヶ月

ここでは9ヶ月キャッシュバックすると考えます。

5,000円×9ヶ月=45,000円/年

そうすると年間45,000円くらいの収入になります。

また、5年に1度はオーバーホールが必要です。ここでは50,000円かかると考えます。

50,000円÷5=10,000円/年

すると、年間10,000円程度のメンテナンス費用軽減につながります。

合わせて考えると、年間で55,000円程度プラスになる計算です。

 

【まとめ】使ってない時計はKASHITOKE(カシトケ)に預けるべき

手持ちのタグホイヤーとロレックスで金額を算出してみましたが、いかがでしたか?

人によって「安く感じるか」「高く感じるか」は変わりそうですね。

ただ使っていない時計があるならKASHITOKEに預けた方が間違いなくお得です。

お小遣いが入ってくるだけではなく、メンテナンス料金が不要になるのでそれだけで元が取れます。

もし家に活躍の出番が少ない時計があるのであれば、KASHITOKEに預けてみるのもいいですね!

ではまたっ