生活が捗る!Amazonで買ったオススメアイテムはコチラ

グランドセイコーのクォーツは本当にオススメ!

大人向けの時計と考えて、僕が最もすぐに思いつくのがグランドセイコーです。

グランドセイコーって何?っていうところから、どんなところが優れているのか解説します。

 

グランドセイコー(Grand Seiko)って何?

グランドセイコーは、国産時計メーカーであるセイコーの高級腕時計ブランドです。

メーカーの説明文にもある通り、半世紀以上世界最高級の腕時計を作り続けています。

1960年、グランドセイコーは世界最高級の腕時計を作り出すという決意から誕生しました。
誕生以来、腕時計の本質を高い次元で追求し、グランドセイコーの伝統と品質は今日まで受け継がれています。

出展:グランドセイコーの歴史

 

グランドセイコーのクォーツは精度がスゴい!!

実はセイコーはクォーツショックという時計の歴史における大きな出来事を起こした企業です。クォーツとは、水晶の振動を利用して時間計測する技術です。

クォーツ式の腕時計を開発することに成功し、時計産業のあり方が大きく変わりました。それほど、世の中に大きなインパクトを与えた企業がセイコーなのです。

 

そもそもクォーツは精度が高い

それまでの時計は機械式時計といって、ゼンマイを動力に変える仕組みでした。

そのため、機械式時計では以下の弱点があります。

  • 時間がずれやすい
  • ゼンマイを巻かないと止まる
  • 職人技術が必要なため、価格を高価になってしまう

一方で、クォーツ時計はそれらの弱点を克服しました。

  • 時間がずれにくい
  • 電池で動く
  • 価格が安価

クォーツによる技術革新によって、それまで大衆向けの時計を製造しているメーカーが次々と倒産しました。これがクォーツショック呼ばれる理由です。現在電池で動く時計を安価に購入できるのはこのクォーツのおかげということもできます。

それだけ世の中にインパクトを与えたほど、クォーツ時計は時間を測るという点で完成されているシステムなのです。

ただ、少し補足すると、時計としてクォーツがなんでも優れているかというというとそうではありません。それは、ロレックス、オメガなど高級時計メーカーは今もなお機械式時計を販売し機械式時計で世界中から評価され、多くの支持を得ていることからも伺えます。セイコーも機械式時計を作っていますし、それぞれいいところがあるということです。とはいえ、今回はクォーツのターン!機械式時計のメリットはまた今度ご紹介しますね!

 

ただ、クォーツの精度が高いと言っても、「自分の時計すぐ時間がズレるんだけど」

そう思う人もたくさんいるんじゃないでしょうか?

それはその通りでいくらクォーツと言っても、機械式より精度がいいというだけで時間のずれ自体はどうしても起きてしまうのです。

 

1年に10秒の誤差もでない年差クォーツ

クォーツの時計は温度変化によって精度が変わるという弱点があります。

しかし、グランドセイコーのクォーツは時計内部の温度を1日に540回センサーで測ることによって、誤差を限りなく小さくするという技術が使われています。これに、1年に10秒の誤差すらでない時計となっています。

実際3年間ほど使っていますが、数秒しかずれないので調整することがありません笑

 

あと、あくまで個人的な意見なのですが、

「1年に10秒の誤差もでない」よりも「時計内部の温度を1日に540回センサーで測る」というメカ感溢れる情報の方がテンション上がりませんか?笑

そうやって、こんな腕にのるちっさい時計が、毎日540回も温度を計測して一生懸命精度を保とうとしているのかと考えるとニヤニヤしてしまいます。時計はそういう技術的な背景を知ると楽しめるというのもいいところです。

 

 

次回は実際に僕の時計を紹介&なぜそれを選んだのか解説していきますね!

ではっ!また次回!