生活が捗る!Amazonで買ったオススメアイテムはコチラ

入手困難! スクエアタイプ初のフルメタルG-SHOCK『GMW-B5000』レビュー

やっとフルメタルG-SHOCK「GMW-B5000」に出会うことができました。スクエアデザイン初のフルメタルG-SHOCKは人気すぎて店頭でお目にかかる事すら出来ません。実際いい時計なのですが、なぜそれだけ人気なのか紹介していきます。

大人気!G-SHOCK「GMW-B5000」シリーズ

最近のG-SHOCKで最も人気のモデルが「GMW-B5000」シリーズ。どんな時計なのか見ていきましょう。

G-SHOCK「GMW-B5000」はこんな時計

最大の特徴は初代G-SHOCKである「DW-5000C」というスクエアタイプモデルから35年を経てフルメタル化を実現したモデルであるということ。

G-SHOCKのフルメタルモデルは今まで発売されていたことがあったけど、スクエアタイプでは初となります。

基本情報

  • 品番 :GMW-B5000D-1JF
  • 価格 :64,800円
  • 発売日:2018年4月13日
  • 素材 :ステンレススチール
  • 備考 :スクエアデザインで初のフルメタル仕様

機能

G-SHOCKなので多様な機能を備えています。もちろんガシガシ使って問題ない耐久力の高さもウリです。

  • 20気圧防水
  • 耐衝撃構造(ショックレジスト)
  • タフソーラー(ソーラー充電システム)
  • マルチバンド6(電波時計)
  • モバイルリンク機能(スマホとBluetooth連携)
  • ワールドタイム
  • ストップウオッチ(1/100秒)
  • タイマー・アラーム
  • LEDバックライト

頑丈で高機能なだけではなく、メタルの大人っぽい雰囲気があいまって圧倒的な人気を誇っています。

「GMW-B5000」が人気すぎて価格が高騰

定価60,000円+税という値段はG-SHOCKの中では比較的高価な部類にはいります。

なのに人気がありすぎて入手できない状況が続き、なんと100,000円以上の値段で売買される事態に。

何と言ってもG-SHOCKの起源とも言えるモデルが最新の技術を搭載してフルメタル化されたのでそれは人気が出ちゃいますよ!

G-SHOCKはカジュアル感が強いアイテムだからオンでは使いにくいのが正直なところ。

ただ、主張しすぎないデザインのスクエアモデルがメタル化することによって、ビジネスにも使いやすいG-SHOCKに進化したのも人気の秘密です。

 

G-SHOCK「GMW-B5000D-1JF」レビュー

大人気の「GMW-B5000D-1JF」だけど、実際のところどうなの?というのを正直にレビューしていきます。

オンオフ使いやすいG-SHOCK

デジタル時計のG-SHOCKにおいて最もオンで使いやすい雰囲気があります。

特にベゼルが綺麗なヘアライン仕上げになっていて上品な大人っぽさがあります。

この顔の上品さがフルメタル化最大の恩恵です。傾けて光の反射で表情を変えるのをニヤニヤ見るのが楽しい時計です。

長く使えるのが嬉しいフルメタル

従来G-SHOCKの大きな弱点は素材が樹脂であることです。

この樹脂が厄介で使って何年か経つと「加水分解」という現象で一気に劣化します。さらに症状が悪化すると樹脂バンドが破損します。

これは避けることが出来ないため加水分解の進行具合が樹脂を利用したG-SHOCKの寿命になってしまいます。

一方でフルメタルなら加水分解で劣化することなく長く使い続けることができます。

お気に入りの時計は長く使いたいと思うからこそ、フルメタルで長持ちなのは嬉しいです。

ステンレススチールのズッシリ感がたまらない

実際につけてみるとかなりズッシリとした重みを感じます。

金属化したことで厚みも増していて、横から見ると厚みがあるのがよくわかります。

これは人によっては「重すぎて嫌だ!」と感じると思います。軽い時計が好きな人は一度試着してからの方がいいかもしれないですね。

そこは今後の展開としてチタンで軽量化したものが出てくることも考えられるので重量に関しては今後に期待ですね。

バンドの光沢感がちょっとチープ

ベゼル部分はヘアライン仕上げで高級感のある顔をしています。その一方でバンドはテカテカの光沢があって少しチープな印象を受けます。

バックルは良くも悪くもないです。普通な感じですね。

もう少しバンドに素材の一体感があった方が「金属の塊感」があって圧倒的に雰囲気が良かったと思うんですけどね。本当そこだけ残念!

焦って買う必要はない

今回紹介したG-SHOCKは限定モデルではありません。

通常ラインナップのモデルなので、将来的には安定して入手しやすい環境になります。

良い時計なのは間違いないけどプレミアム価格で10万円を出すほどではないかなと思います。

今はプレミアム価格でしか入手しにくい状況だけど、落ち着けば間違いなく入手できるようになるのでしばらく待つのがおすすめです。

ありそうでなかったスクエアタイプのG-SHOCKのフルメタル版。大人も使えるバランスの良い時計なので是非一度手に取ってみてくださいね!

ではまたっ