生活が捗る!Amazonで買ったオススメアイテムはコチラ

フレデリックコンスタント クラシックモデルを評価してみる【友人の時計】

今回は友人のフレデリックコンスタント クラシックを評価していきたいと思います。友人は僕に時計趣味道へ引きずりこまれた被害者なのですが、気がついたら自らこんな良い時計を買うようになってしまい感激です。。。それでは時計の良さを見ていきましょう!

フレデリックコンスタントってどんなメーカー?

フレデリックコンスタントは同価格帯では敵なしの、群を抜いて文字盤が美しいメーカーです。

いわゆるコスパが高いことが特徴で、初めての機械式時計を探している人にもオススメできる良い時計が多いのも特徴です。

フレデリックコンスタントはマニュファクチュールメーカー

マニュファクチュールメーカーとはムーブメントから自社で一貫して製造できるメーカーのことです。

フレデリックコンスタントは数少ないマニュファクチュールメーカーで、マニュファクチュールコレクションという上位モデルで自社製造のムーブメントを搭載しています。

多くの時計メーカーは自社でムーブメントを製造せず(できず)、ムーブメントを他社から仕入れてそれを搭載しています。

ムーブメントはETA社やセリタ社が有名で、多くの時計メーカーにムーブメントを供給しています。それらは汎用ムーブメントなどと呼ばれています。

フレデリックコンスタントにも汎用ムーブメントを搭載しているモデルが多いですが、マニュファクチュールを作れるという点で一目おかれるメーカーでもあります。

文字盤が美しい

フレデリックコンスタントですが、名前の由来はフレデリックさんとコンスタントさんからとっています。

実はコンスタントさんは文字盤職人だったのです。そんな背景もあり、フレデリックコンスタントの時計はとにかく文字盤が美しい。

評価も高く高級時計ブランドであるブレゲに文字盤を供給していたこともあるほどクオリティの高い文字盤なのです。

オープンハートが有名

今となってはよく見るようになったムーブメントの見えるオープンハート。その時計を最初に世に生み出したのがフレデリックコンスタントなんです。

クォーツと機械式をひと目見ただけで差別化できるという発想から生まれたというその機構はメカ好きにはたまらないです。

僕が始めて購入した機械式時計はオープンハートの時計でしたが、とにかくメカ好きの男心をくすぐります。

ムーブメントが動いているのを見ているだけで幸せな気分になれるのでオススメです。

エポス(epos)オープンハート機械式時計【機械式時計デビュー話】
あなたが初めて購入した機械式時計は何ですか?僕の機械式時計デビューはエポスのオープンハート。機械式時計って明確に欲しくなって買うから、思い入れが強くなりますよね?今回は僕の思い入れの強いこの時計をレビューします。

2016年シチズンの傘下のブランドに

実はスイスの時計メーカーであるフレデリックコンスタントは、2016年日本のシチズンに買収されました。

シチズンはフレデリックコンスタント以外にもアメリカのブローバ社とスイスのプロサーホールディングスという時計メーカーを買収していたりと、実は巨大時計メーカーの一角なのです。

シチズンの技術と、買収した企業の技術を活かして将来的にはフレデリックコンスタントにも新しい技術が搭載されることが期待されています。

買収したシチズンとしてもフレデリックコンスタントの美しい文字盤が非常に魅力的に映ったのでしょう。

 

フレデリックコンスタント クラシックを評価

さて、前置きが長くなってしまいましたが、フレデリックコンスタントの評価をしていきたいと思います。

デザイン的にはクラシカルでドレスウォッチとして最適です。大人しい雰囲気ながら上品さが伝わってきます。

この時計に関してはオンタイムだけでなく、カジュアルシーンでもきれいめなファッションによくあい品よく主張するのが良いところですね。

美しい文字盤とブレゲ針

さて、何といっても欠かせないのが文字盤です。こちらはギョーシェ彫りがとても美しいです。

ギョーシェ彫りは、文字盤に刻まれている模様のことです。凹凸があることによって表情がつきオシャレ感が増しますね。

また、オシャレなだけではなくてそういった模様のおかげで視認性が上がるというメリットもあります。

ブレゲ針(途中が輪っかになっている針)は視認性も高く上品な印象です。針の穴はどこか星のようで、宇宙を感じさせる雰囲気なのが良いところですね。

フレデリックコンスタントクラシック正面

裏スケルトンとDバックル

裏スケルトンってテンション上がりますよね。機械式だとムーブメントが見えると嬉しいし、一生懸命動いているのを見るとどんどん好きになります!

フレデリックコンスタントクラシック裏スケルトン

Dバックルは革が傷みにくくなるのが良いところで、着脱も容易になるためとてもメリットの大きいバックルです。

フレデリックコンスタントクラシックのバックル

ちょっとだけ気になる点

これは完全に感覚の問題だけど一つだけ気になる点を紹介します。

  • 革ベルトが青い
  • 針が青い

僕はこのデザインだとドレス一直線の方が使い勝手がいいと考えるので、同モデルの色違いに黒があるので僕なら用途を考えてそっちを選びます。よりフォーマルに適している黒革ベルトと黒針になっています。

なぜこんなことを言うかというと、実は友人からは青と黒どっちが良いか相談されて僕は黒って言ったんです。そして友人はその翌週には青を購入していました。

青に決めてるんなら相談せずに買っとかんかーい!笑

ただ、写真の通り青がなかなかいいアクセントになっていてカッコイイ時計なんです。オシャレ感が強い時計なので幅広い場面で利用できるので青でも黒でもどっちも最高だなという結論になりました。

そんな素敵な時計紹介でした!

 

フレデリックコンスタントはどうでしたか?

あらたまった場面でも使える上品な時計が欲しいあなたには有力な候補に入る時計だと思います。

実物を見ると文字盤の美しさに惚れるので是非手にとってみてくださいね!

ではまたっ