【ブルーライトカットメガネ不要論】SEの僕が使わない理由とは?

僕はSEという職業柄パソコン利用時間が長く眼精疲労になりがちです。ブルーライトカットメガネを使っても効果を感じられなかったけど”ある対策”だけで十分効果がありました。今回はその秘訣を解説します。

スポンサーリンク
adsense

ブルーライトとは?

白い光は赤、緑、青が混ざりあって白い光を発しています。ブルーライトとかっこ良く名前をつけていますが普通の青い光のことです。PCメガネといった名称で販売されているため誤解を生みそうですが、ブルーライトは白い蛍光灯やLEDにも含まれています。

通常のメガネに照明を反射させると緑っぽい色に見えます。

ブルーライトカットメガネに照明を反射させると青くなります。これはブルーライトを反射させて目に届くブルーライトを減らしているためです。

なぜブルーライトをカットする必要があるのか?

「ブルーライトが有害であるという説」「夜はブルーライトを減らした方がいい説」の2つがあります。

ブルーライト有害説

目に見える光の中で一番エネルギーがあるのが青色です。また波長が短く散乱するため他の光と比べて眼精疲労を起こすのではないかと考えられています。

ブルーライト有害説への疑問

ブルーライトが有害なのであれば大事です。空を見るとパソコンよりも強いブルーライトを大量に取り込むことになるため屋外では常用必須になります。LED照明も同じなので店内の明るいコンビニ店員さんはブルーライトカットのメガネが必須になってしまいます。

でもそんな主張は聞いたことがないです。パソコンだけが悪いかのような主張には違和感を感じます。もしブルーライト自体が有害なのだとしたらもっと気をつけるべきタイミングがあると思うんですよね…

ブルーライトが有害であるという医学的な根拠が十分でないことからも疑問が残ります。

夜はブルーライトを減らした方がいい説

寝る前にスマートフォンを見すぎると寝付きが悪くなるという話を聞いたことはありませんか?これはブルーライトによって体が睡眠モードに入るのを阻害する恐れがあるためです。
具体的にはメラトニンという睡眠を促す物質が生成されにくくなるためこのようなことが言われています。

最近ではモニタによっては時間帯によってブルーライトをカットする機能を搭載しています。iPhoneでもNight Shiftモードという画面がオレンジ色になる機能が実装されていますよね。僕は23時からNight Shiftモードにする設定をしています。

ただこういった機能を有効にしていれば寝付きが良くなるかというとそんなことはありません。いくらブルーライトカットを減らしても画面が明るければそれだけ目に光を受けてメラトニンの生成が阻害されます。

ブルーライト以前に実施するべきたった1つの対策

パソコンやスマホの明るさを抑えるだけで良い

ブルーライトとか関係無しに光を直接見ると目が疲れるのは間違いない事実です。上を向いてLED照明を見ればすぐに目を閉じてしまいますよね。光量はそこまで強くないけどパソコンだって直接見ると疲れるのは当然であると言えます。

また疲れは光の量に応じて変わってきます。光が強いほど疲れやすくなり、光が弱いほど疲れにくくなります。つまり大切なことは「目に入る光量を少なくするため明るさを抑える」ことです。それに加えてスマホだったら目に近づけ過ぎない。これも大切です。

ブルーライトカットをしたいのであればそもそもの光の量をコントロールした方がよっぽど効果的ということを是非覚えておいて下さい!

明るさ調整方法

iPhone

コントロールセンターからサクッと設定するのが楽です。画面を下から上にスワイプするとコントロールセンターがでてきます。そこで太陽アイコンに挟まれたバーをスライドして明るさ調整可能です。

Android

クイック設定ツールで設定するのが楽です。画面右上から下にスワイプ。もう一度画面右上から下にスワイプ。この画面のバーをスライドして明るさ調整可能です。

Windows

Windowsの場合ファンクションキーとF6,F7等のキーで明るさ調整が可能です。

「Fnキー」+「F6キー、F7キー」※機器によってはF8だったりします。

Mac

MacもWindows同様ファンクションキーとF1,F2等のキーで明るさ調整が可能です。

「fnキー」+「F1キー、F2キー」

モニター

モニター毎に異なりますがボタンを押して輝度 ブライトネス(Brightness)の値を下げれば良いです。

この辺りの操作方法はOSやソフトウェアのアップデート状況にもよって変わってきます。もしわからなければGoogle先生に聞くと詳しく教えてくれますよ笑

ブルーライトカットのメガネは不要!

ブルーライトカットの影響は現状だと根拠も薄いためメガネメーカーが言うような効果は望めません。それよりも自分が見ている液晶画面の明るさを見直すことが何よりも大切です。無料ですし笑

ブルーライトが有害なのであれば

最初のほうに言った通りブルーライトが有害なのであれば大事です。そうなればメガネメーカーが主張するだけでなく然るべき機関からブルーライトカットメガネの屋外着用が推奨されるはずです。そうなればメガネメーカーはもっと大々的に宣伝するはずですし、そのとき購入検討したら良いかと思います。

まず実施すべきは明るさを抑えること

ブルーライトカットメガネを着用すると明るさを抑える効果があります。それによって目が楽になったと感じる人は多いのではないかと思います。でもそれはわざわざメガネをかけなくてもモニターの明るさを下げれば同じ効果を得ることができます。

ブルーライトカットメガネは最終手段

眼精疲労を軽減させたければパソコンやスマートフォンの明るさを抑えたり夜のスマホを控えるといった対策が最優先です。それらをやっても疲れるという場合はブルーライトカットメガネの利用を検討してみたら良いかなと思います。

僕は新しいもの好きなこともありPCメガネが発売されてすぐ飛びつきました。ただ残念ながら期待したほどの効果はありませんでした。液晶の明るさ調整に関してはすぐ効果を感じられるものです。この記事をみたあなたはブルーライトカットメガネに手を出す前に是非液晶の明るさ調整をしてみてくださいね!

ではまたっ