生活が捗る!Amazonで買ったオススメアイテムはコチラ

【漫画】男が東京タラレバ娘を9巻まで読んだ感想【最終巻】

ついに終わってしまった東京タラレバ娘。年代も近いから毎巻出る度に食い入る様に見ていました。男目線でどう思ったのか語ります。コミカルだけど題材が重いからちょっと真面目な感想を書きます。

東京タラレバ娘9巻表紙

東京タラレバ娘 9巻感想

今回は最終巻ということもあり主人公の倫子さんが物語の大半を占めます。笑えるシーンは少なくまさにクライマックスといった内容でした。

一番の名言は「タラレバ」の反対語は「から」

もっとも倫子さんの成長が見える発言でした。

  • 「タラレバ」の反対語は「から」、そして「後悔」ではなくて「感謝」
  • 「タラレバ」という言葉は「後悔」を表していて
  • 「から」という言葉は「感謝」を表します

「から」を口癖にすると気持ちが上向いてきそうで僕も使おうと思いました。変化が起きたのは一瞬だけど今後倫子さんの人生を好転させる転機になるんでしょう。色々な経験があった「から」こそ幸せになることができるきがします!

変化しようとする倫子さんは素晴らしい

男女の関係をより良く進展させるためには変化が必要ですよね。今回でいうと恋愛してもらうためにはどうすればいいのか?と考えるようになった倫子さん。こんな倫子さんみたことない!笑

作品はここで終わってしまうけど付き合いが始まっても、どうすれば良好な関係になるか?そうやって相手のことを考え続けられる様になった倫子さんはこれからも大丈夫なんだろうなって感じました。

男女における幸せってなんだろう?

一般的に好条件と言われるものを満たしていても最終的にはそこが重要ではないというのが早坂さんとKEYくんで悩む倫子さんから見て取れます。

結局人間は動物だから本能的に好きだと思える人と一緒にいれたら幸せなんだろうなと思う。逆に理性でそれほど好きでもない人と一緒にいると結局続かない可能性が高くなる。

男は守りに入ったらダメだ

早坂さんのことを考えると本当に可哀想だと思う。でもこの結果はしょうがないと感じます。だってお互い好きというよりも結婚するために快適に過ごせる優しい環境を求めていただけだから。

でも優しいだけの人間なんてたくさんいるしそれだけで生涯一緒にいようと思うのは難しい。最後までいい人だったけどそれだと駄目だなって感じました。

女子会は楽しいからやっている

女子会という名前をつけるからややこしいけど普通に仲のいい友達と飲むのは最高に楽しいとい当たり前さに気が付きます。仲の良いメンバーで飲みに行ったら絶対楽しい!タラレバ話をしたら気持ちが落ちそうだけど笑

 

アラサー独身女子にとって東京タラレバ娘は必読書

ここからは東京タラレバ娘全巻読んだ感想になります。

内容は痛烈!だから読む価値がある

東京タラレバ娘の素晴らしいところは危機感を本当に煽るところ。実際に東京タラレバ娘を読んで婚活を始めた知り合いがいるくらいなので全国での影響度は凄まじいでしょう。

もはや何となく生活して結婚できる人というのは激減しています。だからこそ自分もこのままだとこうなるかもしれない。何かアクションを起こさないといけないのかもしれないと感じさせるこの漫画が共感されるのだと思います。

タラレBarにこそリアルがある

個人的には本編よりも笑いが多くて楽しみにしていたこのQ&Aコーナー。質問は現実的に多そうな内容からマニアックなものまで様々。

確かにこんな質問されたらドン引きだよな。でも実際にこういう人絶対いるうよな!という絶妙な人が質問してきます。そしてそのタラとレバの反応が秀逸!むしろこっちが本編ですという人がたくさんいそうなコーナーです笑

とにかくタラとレバが大好きになる

辛辣なコメントをするタラとレバ。大事なところでしっかりヘビーな発言を去っていく憎めないキャラクターです。この漫画で一番笑わされたのは間違いなくタラとレバですね!ただ表情で笑わせにくるけど言っている内容はかなり的を得ています。

優しい恋愛指南に意味はない!現実を率直に伝えるタラとレバはエラい!!

僕がこの作品で一番心に残っているセリフを紹介します。

理想の男の3条件について話している時のタラの発言

いいタラか?俺がおまえらの3つの条件を決めてやるタラ

  1. 人間
  2. 生きてる
  3. 死んでない

タラ

ひどすぎる笑

いつまでも同じ気持ちではいられない

時代が昔とは違いますよね。倫子の様にバリバリ総合職で働く女子が多くなり自由な時間が少ない人が増えています。

仕事に一生懸命になっていると気がついたら一瞬でアラサーになってしまう。僕は男だけど就職して自分がアラサーになるスピードに衝撃を受けました。時間の経過は早すぎます。

でも年齢を重ねると自分の気持ちは変わらなくても周りの目が変わってきたり結婚する難易度が上がっていく。いつまでも同じ気持ちでいられない現実を上手く描いているからこそ響いてくる作品になっているのだと思います。

男版のタラレバ漫画こそ求められる

男は30歳から輝くみたいなキャッチコピーがあるせいで危機感が麻痺している人が多い印象です。ただ男でも30歳すぎると男でもタラレバが増えます。身近にこんなことを言っている人がいます。

  • 昔付き合っていた子と別れなかっタラ(10年前)
  • あの時知り合った子と付き合ってレバ(アクション起こしてない)

性別は違えど言っている内容は男の井戸端会議です。だから是非男版のタラレバ漫画が発売されて危機感を感じる人が増えたらいいなって思います。恋愛離れが加速している今の時代。草食男子とかいっている場合ではないですよね!

 

僕はみんな結婚するべきだなんて思いません。今は多様な生き方ができる時代だし人それぞれ選択肢があります。でも結婚してみないと得られないものがあるのも事実。結婚したいと願う人が結婚できるといいなと思いいます。

そのきっかけになりうる東京タラレバ娘はスゴい作品だなって思います。内容も攻めていてとっても楽しかったです!興味があるあなたは是非みてくださいね。

ではまたっ