老けてますよ!危険な紫外線をカットするためサングラスは必需品

あなたはサングラスを着用していますか?日本人はサングラスを常用する人はとても少ないですよね。でもそれはもったいない!着用するメリットがたくさんあるので早速紹介していきます。

サングラスを手に持つ男性

スポンサーリンク
adsense

日本人はサングラスの着用率が低い

欧米の人は当たり前の様にサングラスを着用しているけど日本人は当たり前とまではいきません。というよりも常用している人は少数派なのが実情ですよね。

日本人は眩しくない?

そもそも日本ではサングラスの必要性を感じていない人が多いのではないでしょうか?

これは日本人の瞳の色が大きく影響しています。日本人の虹彩は黒か茶色の人が多いですよね。一方の欧米の方は青色が多いです。青い瞳は強い光に弱く日本人だとそれほど気にならない光でもとても眩しく感じるそうです。

欧米の人は室内でもサングラスをかけていますよね。それ前見えるの?って思うけど彼らにとってはそれで丁度いいんです。逆に考えると日本人は強い光にそこそこ耐性があると言えます。

日本人はサングラス不要?

では光に強い日本人は眩しさを感じにくいしサングラスはいらないの?

いえいえそんな事ないんです。確かに眩しく感じにくいかもしれないけど有害な紫外線は防ぐことができません。ここからはサングラスを常に着ける必要はないけど一本は持っておいた方がいいと思える話をしていきます。

紫外線の危険性について

紫外線の英語にするとUltraViolet Ray。カッコいいですよね!略してUVよりもついついUltraviolet Rayと言いたくなってしまいます笑

はい。そんな話はさせておきUltraviolet Ray。取り込み過ぎは目に害があります!

眼の病気の原因になる

元々目には紫外線を遮断する機能は備わっているので常にサングラスが必要になることはありません。

でもこれからの季節は遊びの季節!海、山、川、バーベキュー、山登りと考えたらワクワクしてきますね。でもこの遊びのタイミングが長時間強い紫外線に目をさらしてしまうため一番危険です。

長時間強い紫外線に目をさらすことによって白内障など視力を低下させる病気のリスクが高まります。目の病気は最悪の場合失明する可能性もあるためケアして万全の態勢で遊びたいものです。

美容の観点でも要注意

女子は知っている人が多いと思いますがサングラスしないと日焼けします。面白いことに「目に紫外線を受けると肌が日焼けする」んです。「全然面白くない!」「嘘でしょ?!」という悲鳴が聞こえてきそうですが近年そういったことがわかってきています。

目から紫外線を取り込むと全身でメラニンを生成します。これによって皮膚が黒くなるという現象を引き起こします。また通常は問題ないのですがメラニンが大量に生成されるとシミの原因となってしまいます。

つまり肌の日焼け防止の観点からもサングラスをしておいた方が良いということですね!

サングラス選びの前にレンズのことを知っておく

サングラスが必要なのはわかったから何を選べばいいんだと思ったあなた。ちょっと待って下さい!サングラスを選ぶ前にレンズの色が重要なので知っておいて下さい。

レンズの色と紫外線カット率は関係がない

いきなりですが重要な点です。「レンズの色と紫外線カット率に関連性はありません!」

つまりレンズが濃いから紫外線をたくさんカットしてくれるということはないんです。レンズの色が濃かろうとレンズの色が薄かろうと両方にUV99%カットと書いてあればどちらも同じだけ紫外線をカットしてくれるのです。

レンズは薄い色の方がいい

今あなたの目は瞳孔が光を取り込む量を調整してくれています。暗いところに行けば瞳孔を開きたくさんの光を吸収してよく見えるように。明るいところに行けば瞳孔を閉じ光の量を制限して眩しくならないようにしています。

色の濃いサングラスをかけることを想像してみて下さい。視界が暗くなりますよね?するとどうなるのか。そうです瞳孔が開くのです!そうなると紫外線を吸収してしまいやすくなるのです。つまり暗い色のレンズだと紫外線を吸収しやすい状態にしてしまうという危険性があるのです。

逆に色の薄いサングラスであればUVをしっかりカットした上で瞳孔を開きすぎないためきちんと紫外線カットができるというわけです。

今回はここまでです!段々サングラス欲しくなってきましたか?着け慣れていないと気恥ずかしいかもしれないけど慣れればどうってことないんです。メリットの方が大きいので是非チャレンジしてみて下さい。次回はサングラスの選び方について紹介するのでそちらも合わせて見てくださいね!

ではまたっ