セイコー×ソットサス 90年代のコラボ時計復刻版をレビュー

今回は全くセイコーらしくない時計をレビューしていきます。セイコーとソットサスがコラボした時計の復刻版です。黒金でちょっと遊び心のある時計を探していたところに、タイミング良く発売され衝動買いした時計です。

スポンサーリンク
adsense

そもそもソットサスって何だ?

正式名称はエットレ・ソットサス(Ettore Sottsass)さんです。イタリアで活躍した建築家さんの名前ですね。建築だけではなく数多くのプロダクトデザインを手がけています。まさにイタリアデザイン界の巨匠です。

90年台にセイコーとコラボして斬新な時計を世に送り出しました。今回紹介する時計は当時の復刻版という位置づけになります。

遊び心に溢れた楽しいデザイン

見た目が独特なので、声をかけられることが多かった時計です。この時計がセイコーのものだよと言うと驚く人が多かったです。確かに一般的にイメージされるセイコーってもっと固い印象ですよね。

サフレックスガラスが面白い

僕は風防に傷がついて欲しくないので、基本的にはサファイアクリスタルガラスであるかどうかを重視します。この時計はサフレックスガラスです。サフレックスって聞いたことないですよね?

サフレックスガラスとは、ハードレックスの上にサファイアガラスを貼り付けたガラスです。2枚のガラスを利用するという非常にユニークな仕組みで、表面の強度がサファイアクリスタルになります。そのため、サフレックスガラスの傷付きにくさはサファイアクリスタルと同等です。

しかも2枚構造を活かして、ガラスの裏面に数字を印刷しています。これによって文字が浮いている様に見せることを実現しています。ルーレットみたいなデザインは非常に独創的で遊び心を感じます。

裏面にはソットサスの文字とシリアルナンバーが刻印されています。

ケースは専用のもの

なんで紐がピンクなのかはわからないけど、こんな専用ケースの中に入っています。

中はこんな感じです。英語にオシャレ感を感じますね。読めないけど笑

高級感があるらしい?

余談ですが、この時計をしている時に「高そうな時計だね」「良さそうな時計しているね」って何回か言われたことがあります。他の時計を着けていて言われたことがないので、ビックリしました。ちなみにお値段33,000円(税別)です。

なぜなのか考えたけど、おそらく色のせいなのかなと思うんですよね。金色の時計つけている人は圧倒的に少ないので、おそらく金色が珍しかったのかなと思います。判断がつかないから高そうと感じられたのかな…?

高級感を感じさせたいならシルバーよりもゴールド寄りの色を選ぶのが良いのかもしれないですね!とはいえ、あまり積極的に高級感を感じてもらいたいと思うシチュエーションはないですけど笑

遊び心のある時計が一本あると楽しい

僕の時計の中では珍しい遊びのある時計でした。たまに気分転換で着けるのって楽しいですよ!セイコーは基本的には堅い時計が多いけど、たまにこういう遊び心あるコラボをするので気になっちゃいます。最近はナノユニバースとセイコーのコラボで、スティーブ・ジョブズ愛用モデルの時計を復刻させたりもしていました。即完売してしまいましたが。

是非あなたも遊び心のある時計を探して見てみてくださいね!探し出すと絶妙なタイミングでいろんな限定モデルがでて悩むこと間違いなしですよ笑

ではまたっ