【2019年最新版】買わないと損!Amazonと楽天で買ったオススメアイテムはコチラ

ロレックスを20代、30代で所有するメリットとデメリットとは?

ロレックス欲しいけど「20代、30代の自分が購入するのってどうなんだろう?」と気になったことはありませんか?

そんな購入前の悩みを解決するために、20代、30代でロレックスを所有するメリットとデメリットを紹介してきます。

 

ロレックスを20代で持つメリット

26才の時、初ロレックスを購入してかれこれ5年以上使っていますが、その中で最も恩恵を受けられるのは20代の時だったなと感じています。

まずはそのメリットから見ていきましょう。

「良い時計」が何か知ることができる

一言でいうなら「時計を見る審美眼が身につく」のが大きなメリットです。

ロレックスは時計の作りからデザインまで隙がなく時計の良さを体感することができます。

日常的にそうした時計に触れていると、他の時計を見るときにバンドの作りの甘さが気になったり、ケースの仕上げの安っぽさに気がついたりできます。

自分の中で基準ができるので、カジュアルウォッチを購入する時も「この価格でこのクオリティとか驚愕だな…」みたいに腕時計をより楽しむことができるようになります。

仕事のモチベーションアップにもつながる

この記事を読んでいただいているあなたにも「自分がロレックスを着用するのは分不相応なのでは?」と気になる気持ちがあるのかもしれません。

僕は少なからずそんな気持ちを持ちながらロレックスを手にしました。

でもそうした気持ちを持っていると、「ロレックスが似合う自分になろう!」という仕事へのモチベーションにつながります。

しかもロレックスには不思議な魅力があって、朝腕に着けたときピシッとした気分にしてくれます。

仕事に行く気分を高めてくれる「やる気スイッチ」のような効果もあるので、仕事へのモチベーションの上げるためにも最適です。

何だかんだ合コンに強いモテ時計

20代で重要なのがモテの要素ではないでしょうか?

女子からのモテを狙う上でロレックスは間違いなくプラスに働きます。

理由は経済面での安心感を与えることができるためです。何だかんだお金の有無は恋愛の超重要な要素です。

恋愛の研究によって身も蓋もないことが判明しています。

  • 女性は容姿に比例してモテるようになる
  • 男性も容姿に比例してモテるようになる+経済力に比例してモテるようになる

時計は男性が唯一着けているアクセサリーなのでかなり目立ちます。特に何も言わなくても女子からチェックされています。

ロレックスなら誰もが知っている高級ブランドなので効果はバツグンですよ!

 

ロレックスを20代で持つデメリット

20代でロレックスを持つのはメリットが多いですが、その分デメリットもあります。

会社では諸刃の剣

ロレックスのメリットを紹介してきましたが、そんなメリットがあるのは20代でロレックスを持つのは良くも悪くも尖っているからです。

これは悪い方に傾くこともあります。

ことビジネスの世界では「時計と仕事の能力が伴っているか?」という謎の観点を持ったおじさんは一定数います。

その結果「仕事は半人前なのに、時計は一人前」「俺よりいい時計を着けるなんて」「あいつにロレックスはまだ早い」なんて嫌味を言われる可能性があります。

ロレックスの圧倒的なブランド力は諸刃の剣にもなりえるのです。

この金額を「別の経験」に回すべきでは?問題

もう一つデメリットは高額なため、この金額があれば他にもすばらしい経験をすることができてしまう点にあります。

現在は価格が異次元に高騰しすぎています。気がついたら愛機のサブマリーナが並行輸入で100万円を突破する事態に…100万円って結構な金額です。

この金額を時計に費やしても良いものか?他の「経験」に費やした方が得れるものが多いのではないか?という競合が強い問題があります。

  • 旅行好きなら新たな国に行って未知の経験を何回もできる
  • 自己投資に使えば、数年後の自分は収入がアップしまくっている
  • 趣味に費やせばさらに楽しい時間が倍増する
  • 親孝行に使ったら一生記憶に残る素晴らしい思い出ができる

ホーチミンの夜景

どれも素敵ですよね?

ロレックスを着用して毎日テンションが上がるのもすばらしい経験だけど、他の経験も捨てがたい!

だからこそ今、本当にロレックスに費やして良いのか?というのはどうしても頭によぎります。

購入までのハードルは上がるけど是非他のやりたいことと天秤にかけて購入を検討してみてください。

そんな悩んだ末、購入したロレックスにはさらに愛着が湧くこと間違いなしですよ。

 

ロレックスを30代で持つメリット

社会人経験を重ねることで20代のデメリットがなくなってきて、30代になるとロレックスはさらに輝きを増します。

30代前半だとロレックスブランドが輝く

腕時計業界が高級化したことや平均所得が低下しているこのご時世です。

30代前半でもロレックスは手を出しにくいことは変わらず、20代同様のメリットを充分に受けることができます。

仕事もプライベートもちょうど脂が乗ってきて、20代のときとは違い分相応感が強まります。

時計が自信にもつながってロレックスが最高に輝く世代だと言えます。

30代後半だと良い意味で無難な時計になる

30代後半になるとロレックスを着用している人が急増します。

ロレックスでなくても高級時計を着用する人が多いので、相対的にロレックスに対する尖った印象はなくなります。

モテる効果は限りなく減っていますが、その分着けて悪い目で見られることもなくなるのでいい意味で無難な時計になるんです。

落ち着きすら感じるようになり、デキる大人の腕時計といった印象を与えることができます。

 

ロレックスを30代で持つデメリット

嬉しいことに30代になるとデメリットらしいデメリットがなくなります。

デメリットはほとんどない

30代になると仕事での実績も増え、中堅的な立ち位置になる人が多いでしょう。

そうなれば「時計と仕事の能力が伴っているか?」おじさんによる被害の確率はほとんどなくなります。

それに加えて20代のときと比べてお金の余裕も出てくるため、様々な経験を得ているため明確なデメリットは特になくなります。

強いて言うなら、周りの人と被る頻度が高くなることでしょうか。でも本当そのくらいです。

いい時計だし着けていて気持ちがいいメリットが圧倒的に勝ります。

デメリット紹介がメリット紹介になってしまいましたが、そのくらい「30代×ロレックス」は相性が良いと感じられますよ。

 

【まとめ】ロレックスを20代、30代で持つのはアリ

「XX歳だけど会社でロレックスを使ってもよいか?」という質問を受けることがあるのですが、最後はそんな疑問をクリアにしたいと思います。

着けれるかはぶっちゃけ会社や環境による

人によっては「若造がロレックスを持つなんて」と悪い印象を持つ人もいます。

だから「ロレックスは誰もが会社で着けられる時計です」なんてことは口が裂けても言えません。

社風によっては完全にNGな方もいるでしょう。

ある不動産販売の会社では、かなり手堅く国産の白文字盤の三針というドレスコードが定められているそうです。

もしそのようなルールのある会社でロレックスを着用するとちょっとした事件になってしまうかもしれません。

これは極端かもしれないけど、残念ながら会社や環境によってはロレックスを使わない方が良いケースがあるのは事実です。

そんな時は誰の目を気にすることなく、プライベートで満喫するという選択肢をとるしかありません。

実際に借りて確かめるのもアリ

会社のルールとして明文化されているなら良いのですが、そうでなければ着けても大丈夫かなかなかわかりにくいですよね?

実際に会社で着けて良いかどうかは着用して周りの反応を見ないと分かりにくいのが正直なところ。

なら買うのではなくて借りて確かめてみるのが手っ取り早いです。

最近は家、車、自転車などなどなんでもシェアする時代ですが、時計もレンタルできるサービスが存在します。

KARITOKE(カリトケ)」というサービスで、1ヶ月単位でロレックスを借りることができます。

1ヶ月もあればロレックスの素晴らしさを体感もできるし、周囲の雰囲気についても理解することができます。

もし怪しい雰囲気ならそのタイミングでの購入は見送った方が良いかもしれませんね。

初月はなんと50%オフキャンペーンを実施しているので是非この機会に試してみて下さいね!

ロレックスに憧れがあるなら間違いなく手にするべき

ロレックスは時計としての完成度が抜群に高いです。

実際手にしてから新たな良さに気がつくことも多く所有する満足度は圧倒的です。

もしあなたがロレックスに魅力を感じているなら購入する価値は充分にあります。

早く手に入れた方がその分長く楽しむことができるので、思い切って手にして素晴らしいロレックスライフを楽しんでくださいね!

ではまたっ

タイトルとURLをコピーしました