試験前日と当日の食事は超重要!合格するための朝食と昼食は何だ?

試験を受ける予定のあなた!食事で合否が分かれるかもしれませんよ!確実に合格できる自信のある人でなければ、是非一度この記事に目を通して準備してください。僕と同じ誤ちを繰り返さないために…泣

スポンサーリンク
adsense

大人になっても試験を受ける機会はある

TOEICや会社で資格取得を求められて試験を受ける機会はちょくちょくあります。大人になってからの試験って、中学高校受験だったり、大学受験ほど緊張感のあるものではないので、色々と準備を怠りがちですよね?

食事で合否が分かれるかも

恥ずかしい話ですが、僕は情報セキュリティスペシャリストという資格試験で4回落ちていました。3,4回目のときはあと1問正解していればというギリギリのラインで不合格でした。情報セキュリティスペシャリスト試験は、午前と午後に分かれ4時間以上と長丁場の試験です。

何も気にせずご飯を食べていたので、午後眠くなったりしちゃっていました。

でもこれって良くないなと思い、集中力が高くなるように食事を工夫することにしました。

きちんと考えるようになった

食事のちょっとしたことを実践するようになってから1回で合格することができました。食事の影響がどの程度影響したか断言はできませんが、僕みたいに合格ラインギリギリの人にとって食事をうまくとるかどうかで合否が別れる可能性が大いにあります。

合格ラインギリギリの人は少しでも集中力が高くなるための食事を意識しましょう!

試験前日

前日に意識すべきは翌日に悪影響となりそうな食事をしないということです!「重い食事」「刺激物」「生もの」は避けましょう。

間違ってもカツは食べない方がいい

試験にカツ!というゲン担ぎは危険です!消化するためにかなり胃腸に負荷がかかります。血液を胃腸にもっていかれ、脳がパワー不足になるので要注意です。

刺激物は結構危険

激辛ラーメンや激辛カレーは絶対に避けてください。あまり意識せずに前日食べようものなら試験当日お腹の調子が悪くなること必至です。どうしても激辛が食べたいあなたは1日だけ我慢してください!

生ものにも注意

緊張しがちな人は胃腸のコンディションが良くなくなっている可能性もあるので、生ものもできるだけ避けておいた方が無難です。あたったらおしまいですし…

試験前日は胃腸に負担をかけないことをすることが大切です。とはいえ、普段と大きく異なる食事をするとそれ自体が負担に感じる可能性があるため、あまり神経質になる必要はないです。いわゆる重い食事を避ければそれで大丈夫ですよ!

試験当日

試験当日考えるべきは「食べ過ぎないこと」です。脳の集中力を最大限高めるために、エネルギーを補給する必要もあるけど、それと同じくらい食べ過ぎないことが重要です。

朝食

炭水化物、糖質を摂取できて、胃腸の負担も軽い朝食が試験当日は最適です。いわゆる和食が試験当日の朝食に向いています。

  • ご飯
  • 味噌汁
  • 納豆

それと一点だけ注意点があり、可能であれば試験2〜3時間前までに朝食は済ませて起きましょう。直前だとどうしても消化にエネルギーを使わないといけなくなります。

昼食

炭水化物、糖質を適量補給しましょう。僕の場合はおにぎりとチョコレートを食べます。また、カフェインを摂取して目を覚醒させておくことで、集中力アップしています。

  • おにぎり一個
  • ブドウ糖、チョコレート
  • コーヒー(ブラック)

胃腸に血液を流すのではなく、脳にたくさん血液を流す必要があります。そのため、腹八分まで食べず、腹三分くらいで留めておいた方がいいです。満腹感は試験の天敵であると覚えておいてください。

最後に一点だけ注意

パフォーマンスを上げるための食事を紹介しました。でもなんだか生活スタイルに全く合わないなというあなたはやめておくべきです!

慣れないことをするのはやめよう!

普段朝ごはん食べないのにいきなり食べると、逆に負担がかかってしまいます。場合によっては変な時間でトイレに行きたくなったりしたら最悪ですよね。

慣れている生活習慣の範囲内でご飯を少し置き換えるのが成功の秘訣です!

ということで試験飯でした!試験の近いあなたは是非覚えておいてくださいね!

ちなみに今回僕が受けたのはプロジェクトマネージャ試験というやつです。食事はしっかり採りましたが勉強はしっかりしていなかったので、来年頑張りたいと思います泣

ではまた!