生活が捗る!Amazonで買ったオススメアイテムはコチラ

【絶望】高い化粧品でも効果がない?無印良品か肌ラボがあれば十分

残念ながら世の中の化粧品が謳っている効果はほとんどないことを知ってしまいました。実は必要な化粧品ってとても少ないんです!スキンケアで注意すべきことはそれほど多くないので順を追って解説します。

そもそも本当に肌に良い成分ってなんだろう?

だいぶ昔のこと「メンズもスキンケアをしっかりした方がいい」どこかでそんな記事を読み、スキンケアに興味を持ちました。

でもふと思ったんですよね。女性の肌にいいものなら男性の肌にもいいものであるはず。だって同じ人間だし。だったらその肌に必要な成分さえわかってしまえば、その成分が含まれている化粧品を安く購入するのがコスパ最高なのでは?と。

どの化粧品にもたくさんメリットがあると書かれている

そして肌に良い化粧品を求めて色々な商品を調べてみると、調べれば調べるだけよくわからなくなってきました。

何より素人目線だと全くわからないのが、〇〇配合、××配合とか書かれているけどどんな効果があるかもわからない。名前を聞いたことがあるから何となく効果があるのかな?と思うくらいの知識しかありません。

でも化粧品メーカー各社の説明によるとそのよくわからない成分はどれも肌に良いとしているし、これでは本当に効果のある化粧品が何なのかわからないと路頭に迷ってしまいました。

化粧品は効果がないというアプローチをしてみた

「逆に効果がない理由を理論的に説明している意見を探した方が本当に効果のある化粧品がわかるのではないか?」と考えて行き着いたのがこちらの本でした。かなりショッキングなタイトルですよね?でも内容は本当に素晴らしいんです!

皮膚再生医療の専門家である著者が化粧品に効果がない理由をわかりやすく解説してくれています。僕が欲しかった情報が全てまとまっていたので、ここから簡単にまとめたいと思います。

 

「妻の化粧品はなぜ効果がないのか」の衝撃

この本は専門的な言葉も多いため詳細に理解できていない部分もありますが、「本当に肌にとっていい化粧品は何なのか?」を知ることができます。

本の概要 化粧品に効果がない理由とは?

ざっくりと箇条書きで書くとこんな感じです。

  • 紫外線は本当に危険。肌の老化を加速させる
  • コラーゲン、ヒアルロン酸は皮膚から吸収されない
  • コラーゲンを食べても意味がない
  • コエンザイム Q10に効果があるとする有力な論文は存在しない
  • 肌に浸透する化粧品なんて存在しない
  • 存在するとしたら医薬品のみ。ただし副作用もある。
  • スキンケア化粧品で若返ることはない
  • 唯一効果があるのは保湿
  • IPS細胞はすごい!将来の皮膚再生医療への期待大

一番注目すべきは化粧品は肌に浸透することはできないという点です。できることといえば角質層を化粧品で潤すことくらいです。だからいかに良い化粧品を使っても肌の奥ではなく、表面部分しか影響しないのです。

これはシミ、シワなどの原因となる層よりもっともっと表面の層での話です。なぜなら化粧品の作用が及ぶ範囲は角層までと薬事法で定められています。だから化粧品でシミやシワを消すなんてことは不可能なのです。

肌のためにできること

では肌のためにできることは何でしょうか?

  • 紫外線は避けるようにする
  • 保湿をしっかりする
  • 食事に気をつける
  • 適度な飢えで老化を抑える
  • 洗顔・クレンジングは界面活性剤の入っていない洗顔料を選ぶ

特に大事なことは化粧品というよりも栄養をしっかりととることです。外からではなく内側から美しくなると考えることが結果的に肌にとって一番良い結果に繋がりそうです。

必要なスキンケア化粧品はたった2つ

明確に肌にとって必要な化粧品はたったの2つです。

日焼け止め

紫外線の肌への悪影響は凄まじいです。専門的に書かれるとちょっと怖くなるくらい。健康的だから日焼けしたいとか言ってる場合じゃなくてとりあえず日焼け止めをしっかり塗っておいた方が良いです。

保湿化粧品

肌がカサカサに感想していると角層から細菌などの有害物質の影響を受けやすくなってしまいます。その点保湿をしっかりして肌の表面に水分を保っておくとバリア機能が働くのです。だから保湿をすることはとっても大切。

必要なスキンケアはたったのこれだけです。あまりスキンケアに興味がなかった男性には朗報かもしれませんね。今までスキンケアをしてこなかった人もこの2点だけ抑えておけば大丈夫です!

効果のある化粧品 まとめ

つまり化粧品を使うことで色々な効果を期待してしまうけど、実際できることはかなり限定的です。

  • 肌の外部から内部に染み込む化粧品は存在しない。
  • 肌表面のケアとしては紫外線防止と保湿の2点に尽きる。
  • 老化を防ぎたいなら食生活や生活習慣を良くする方が圧倒的に効果的

高い化粧品を買っても肌への影響は微々たるもの。日常生活を見直した方がよっぽど効果的ということですね。あとはIPS細胞の研究が発展することを願うことくらいしかできません。

ということで日常のスキンケアは保湿さえできれば安い化粧品で十分ということになります。

 

無印良品と肌ラボは優秀

ここからは世間でなかなか評判の良い無印良品と肌ラボの化粧品を紹介します。僕も実際愛用していますが安くて十分な機能があるのでオススメですよ。

化粧水と乳液があればそれでいい

初めて化粧品を購入しようとすると種類が多すぎて何を買ったら良いのかわからなくなります。でも大丈夫!化粧水と乳液さえあれば保湿はバッチリです。

化粧水の効果

化粧水には角質層を水分で潤す効果があります。それと肌のコンディションを整える効果があるそうです。

乳液の効果

乳液は化粧水によって潤った角質層の水分を保つ効果があります。

化粧水+乳液で保湿はバッチリ

つまり化粧水のあとに乳液を使うことで保湿をしっかりと行うことができます。

他にも美容液やらパックやらクリームやら色々とあるのですが、使う化粧品を増やしたところで前述の通り角層までしか届かないためそれほど効果が見込めないです。

ただ保湿する選択肢は沢山あります。例えば保湿クリームを使うなんて直球な方法もありますし、オイルやワセリンを塗るのも良いです。もしすでに保湿する化粧品をお持ちならそれをそのまま使えばバッチリです。

色々選べて便利な無印良品の化粧品

無印良品のボトルはとってもシンプルです。サイズや用途毎の種類に別れているので気に入ったのを選ぶと良いです。

最近エイジングケアタイプに買い換えました。さっきは化粧水に若返り効果はないとか言っておきながらコレですよ。人間そんな言葉に弱いものですよね笑

なんだか良さそうなことを書いています。パッケージで気分を高めましょう!

乳液はこんな感じ。こちらもエイジングケアタイプを購入。

敏感肌用からエイジングケアタイプに変えて数週間経ちますが、ぶっちゃけあまり差は感じていません。どちらもしっかり保湿されている感覚があるのでこのあたりは好みかなと思います。

それと無印良品の良いところはキャップをスプレータイプに変更できることです。

ヘッドを変えたらこんな感じ。1,2回プッシュすればそれだけで「プシャー」って顔中に化粧水をかけることができるのでズボラな人にはとっても楽です。最初は出過ぎ!とか思っていたけど今では手放せないですね。

そんな感じで特に悪いものも入っていないですし、万人にオススメできるのが無印良品の化粧品です。個人的には肌が弱いので今後は敏感肌用のタイプを使い続けようかなと考えています。

総合的に考えると肌ラボのコスパは圧倒的

今でこそ無印良品の化粧品を使っていますが、その前は肌ラボを愛用していました。僕が初めて使い出した化粧品でもあります。

無印良品よりももっちりしている印象でしっかり保湿されている感が強いです。価格が安いし保湿という機能面でも十分!化粧品を使ったことがないという人にはまずオススメしたいのがこの肌ラボです。

この化粧水と乳液をセットで使っていましたが、これで結構長く使えるのでお財布にもかなり優しいのです。今は無印良品のスプレーヘッドの便利さに目覚めてしまったけど、肌ラボも捨て難いコスパです!

何歳からでも遅くない!思いたったら使ってみよう

化粧品の効果は過大に期待できないことは解説しましたが、間違っても化粧品が不要ということではありません。男であってもスキンケア自体はした方が良いです。ケアしないと歳を重ねて蓄積されたダメージがシミやシワとして表面化しやすくなるためです。

しかもスキンケアといっても大層なことをする必要もなく、紫外線対策と保湿の2点だけなのでそれほど高いお金をかける必要もありません。なのでまだ化粧品を使ったことがなければコスパ抜群な肌ラボを試してみてください。

肌に良いことしているっていう気分でなんだかテンション上がりますよ!笑

ではまたっ